営業えりたのお仕事絵日記

タグ:後輩指導

相談内容りーやんと申します。とあるサービス業で勤めて10年目になります。今の仕事が好きで、やりがいを感じています。しかし3年前から副マネージャーという役職を与えられるようになりそれがとてもストレスに感じています。最初はせっかくのチャンスだから全力で頑張ろ ...
onayami84a

相談内容
りーやんと申します。
とあるサービス業で勤めて10年目になります。
今の仕事が好きで、やりがいを感じています。

しかし3年前から副マネージャーという役職を与えられるようになり
それがとてもストレスに感じています。

最初はせっかくのチャンスだから全力で頑張ろうと思っていました。
しかし従業員を管理する立場がこんなにも大変なのかと
自分の力のなさを痛感する毎日です


特に部下を叱ることがストレスです。
部下のためを思ってのことですが、
相手にちゃんと伝わっているのか、
嫌な上司だと思われていないか不安です。

私以外にもっと適役がいるのではないかと
日々悩んでいます。

会社を辞めることも考えましたが、
もう少しこの業界で頑張りたい気持ちもあります。

不安なく自信を持って仕事に取り組むには
どうしたらいいのでしょうか。

(相談内容は編集しています)


りーやんさん、こんにちは!
管理職に就くとこれまでとはまったく違う
プレッシャーや不安を感じてしまいますよね。
部下を叱らないといけないのがストレスなのも
とてもよくわかります。

3年前ということは27歳のときに管理職に就いたのですね。
お若いのにすごいなぁと思いますし、
なかなか誰でもなれる役職ではありません。

りーやんさんならきっと任せられる」と会社が判断して
副マネージャーに任命されたのですから
そこはもっと自信を持ってくださいね!



「叱る」って本当に難しい!

「叱る」ことについては
私も幾度となく悩みました。
相手のためと思っても、ふてくされてしまうこともありますし
影で悪口を言われて傷つくこともあります。
パワハラだと思われることもありますしね…(しんどすぎる)

何より「自分は上司としてまだまだ未熟なのに偉そうに叱っていいのか
という思いがいちばんあったかもしれません。
りーやんさんと同じく、自分に自信がなかったのだと思います。

また、なかには女性管理職から叱られることで
プライドが傷ついてしまう方もいましたし、
女性部下への叱り方も最新の心配りを要しました。

感情を入れずに淡々と

社会人相手に叱ることはとてもしんどいですが、
社会人だからこそ相手の意識を変えるのは至難の技です。
優しく注意だけではなかなか改善されません。
叱ることは避けて通れない業務ですので
「叱り方」がとても大事になってくるかと思います。

叱る際は「感情を入れずに淡々と」がポイントだと思います。
例えば遅刻が多い部下に対して叱る際は、

①現状を伝える
 「Aさん、今月に入って5回遅刻しています」
②原因を探る
 「何か遅刻してしまう事情があるのですか?」
③叱る理由を説明する
 「遅刻が続くとみんなにも迷惑がかかってしまいますし、
  あなたも仕事がやりにくくなってしまいます」
④今後に向けてのアドバイス
 「今後遅刻をしないように対策を立ててみてください」

…と言った感じで主観も感情も交えずに
淡々と叱るのが良いかと思います。

決して「だらしない!」「だからあなたはダメなんだ」などと
感情的になったり相手を人格否定することは
避けるようにしたほうがいいと思います。
(りーやんさんはそういう方ではないと思いますが^^;)

叱る場所も難しい

もちろん人前で叱ることはいちばんタブーです。
大勢の前で叱ったら部下に恥をかかせてしまいますし
反抗的な気持ちになられてしまいます。

とはいえ個室に呼び出すのも相手へプレッシャーをかけてしまいます。
個室に2人で入っていくことで周囲から
「あの部下は今から怒られるんだ…」と
思われかねません。

ですので、社員に気づかれない場所を選んだほうがいいと思います。
人がいないときの控え室とか給湯室とか。
仕切りがないほうが相手も息苦しくならないかと思います。

最後は明るく締める

叱る際は感情を交えずに伝えますが、
最後は明るく会話を締めることをおすすめします。
「はいっじゃあこの話は終わり!今日もがんばろうね!」
「いろいろ言っちゃったけどあなたに期待してるんだからね!よろしく!」
などと前向きな言葉をかけて、
重苦しい雰囲気を上司のほうから解いていきましょう。

「叱る」以上に「褒める」!

上記では叱ることについてあれこれ書いてきましたが、
管理職の仕事は決して叱ることだけはありません。

部下育成においていちばん大事なのは
部下の良いところを見つけて褒めて伸ばすこと」だと思います。
普段から部下の動きをよく見て
良いところはトコトン褒める。
みんなの前で褒める。
上司から褒められることはとても嬉しいですし
モチベーションも上がります。

onayami84b

私の経験則では褒める9割・叱る1割くらいのバランスで
部下に接していました。

管理職は孤高の存在でいい

管理職は孤独です。
部下と同じ目線で仕事をしていては
全体を見渡すことができず
管理職としての役割を果たせません。

それは時にさびしく感じるかもしれません。
自信をなくすこともあるかもしれません。
でも、その立場になったからこそ見えた景色・感じたことを
仕事に生かしていくこと
が、
りーやんさんのやりがいにも繋がっていくと思うのです。

りーやんさんの職場は
「お客様に満足していただけるサービスを提供する」ことが
最も目指すことであり、喜びだと思います。
さらにそれを部下たちにも感じてもらえたら、
ますます職場は活気づきますよね。

りーやんさんの「この仕事が好き」という想いは
とても素晴らしいと思います。
部下は上司をよく見ています。
仕事にやりがいを持ち、情熱のある上司は魅力的で
ついていきたいと思うはず
ですよ!

仕事に誇りを持っているりーやんさんなら大丈夫!
自信を持ってくださいね!

読者登録ありがとうございます!励みになります!

相談内容 50歳のパートの方が3年前に入社してきたのですが、その後輩の仕事ぶりや言動にうんざりしています。入社当初はやる気に満ち溢れていて、雑用もなんでも回してください!と言っていましたが、弊社の仕事内容はかなり複雑で覚えることがたくさんあります。そのため ...
IMG_0642

相談内容

50歳のパートの方が3年前に入社してきたのですが、
その後輩の仕事ぶりや言動にうんざりしています。

入社当初はやる気に満ち溢れていて、
雑用もなんでも回してください!と言っていましたが、
弊社の仕事内容はかなり複雑で覚えることがたくさんあります。

そのため業務マニュアルを渡していましたが、
前職がデザイン系の仕事をしていたからか、
自分が分かりやすいようなマニュアルを新たに作りたいと言ってきました。

新人には難しい部分もあるし…と一旦は許可したのですが、
理解をするよりも先にその見栄えを気にするようになってしまい、
各得意先によってやり方も変わってしまうため、
いちいちその色鮮やかなものを作ろうとして全然先に進めなくなってしまいました。

途中軌道修正もしていったのですが、
マニュアルのマニュアルが必要になったりと本末転倒で、
引き継ぎ作業にかなり時間がかかりました。

当初は期待していたのですがそんな状況なので、
徐々に簡単な業務しか渡せなくなりました。
社員がやると10分で終わるようなことを30分以上かけてマニュアルとにらめっこする毎日です。

3年経った今、もう一通りの流れは十分に分かってるはずだと思っていますが、
周囲がせかしたり確認をしてやっと動いてくれる感じです。

さらに簡単な書類整理をお願いすると「私がですか!?」と口答えもしてくるようになりました。
仕事中の私語も多い、仕事は遅い、残業はする。すごく効率が悪いです。

しまいには昼食中に「残業もっとしてお金欲しいんだよね!正社員になろうかなぁ〜」と言っていて腹が立ちました。

それならさっさとうちの会社を辞めてほしいと。
あわよくばうちの会社の社員になれるんじゃないかと思っている勘違いすぎるパートの方に対してもうどう関わっていけばいいのか分からなくなってきました。

こちらからは辞めてほしいとは言えない。
指導してくれる先輩がいない。
上司も自分が採用した身なのかやんわりとしか言わない。
私は32歳で、職場では1番下っ端で立場が弱いです。

残業が目立ちすぎて「その仕事やりますよ、早く帰ってください」と言っても
「いいの残業やりたいから。今日も旦那帰ってくるの遅いから残業させて」と。
会社からすると不利益すぎてイライラしてしまいます。

今後もずっとこの調子で毎日顔を合わせるのは本当にうんざりします。
(相談内容は編集しています)


ふうゆんさん、こんにちは!
ストレス溜まっていらっしゃいますね…心中お察しいたします。
年齢問わず、こんな後輩は指導がしにくいと思っています↓

  • 人の言うことを素直に聞けない
  • 自分主体で物事を進めようとする
  • わからないことを質問してこない
  • 仕事ができない割に口だけは立派
  • プライドが高い
  • 先輩に対してタメ口

おそらくふうゆんさんの後輩さんは全て該当してそうな気がします…。
さらに年上ともなるとやりにくさは倍増、なおさら注意しにくいですよね。
私だったらそんな年上の後輩にどう接していくかなと考えてみました。

仕事ができていないことを自覚させる

メールの内容を拝見するに、おそらく後輩は「仕事がまだまだできていない」ということをあんまり理解されていらっしゃらないように思います。

なので私だったら心を鬼にして一旦マニュアルを取り上げます。

そして「もうあなたは3年目です。今だにマニュアルを見ながらじゃないと仕事ができないのですか?一旦マニュアルは引き上げますので、わからないことがあれば直接私に質問してきてください」と伝えます。

質問する後輩、それに答える先輩。この形をまずしっかり定着させたいです。

後輩・先輩としての立ち位置を認識させ、定着させる!

残業についてのあり方を上司と相談する

「残業代を稼ぎたいから残業する」と考えている人はこの後輩に限らず、世の中にたくさんいると思います。(残業代を一度ももらったことのない私からすると本当に羨ましいことです…)

ただ最近は働き方改革により、残業時間を減らす動きがどの企業でも行われています。
現在お勤めの会社はどういう取り組みをされていらっしゃいますか?

会社としても「残業時間を減らす」命題があるのであれば、
その具体案を提示してほしいですよね。
上司とそのあたりを相談してできれば上司から残業時間に対しての具体策を
スタッフ全員にビシッと伝えてほしいなと思います。

タメ口はだめですよね

メールの内容を読んでいちばんモヤモヤするのは
後輩がふうゆんさんに対してタメ口なところです。

いくらふうゆんさんがひと回り以上年下だとしても、仕事を教えてくれるれっきとした先輩です
タメ口は舐めた態度が表面化している証拠です。

私だったら「あの~ところでなんでタメ口なんですか?私たち友達でしたっけ?」と嫌味言っちゃいそうです笑

タメ口は舐めた態度が表面化している証拠

社内ではいちばん年下ということをふうゆんさんは気になさっていらっしゃいますが、
職場の後輩を指導しながらご自分の仕事もしっかりこなしているのですから、
立場が弱いだなんてことないと思います。
堂々と先輩ヅラしてください笑。

周囲や上司を巻き込みながら職場の皆さんが気持ちよく働ける環境になるといいですよね。
大変かと思いますが、陰ながら応援しております!

相談内容 私は社会人13年目です。元々は事務員で営業歴は4年目です。仕事内容は電話を使った営業です。えりたさんのインスタを参考にさせていただいたり、友人の話を参考にしたりして研究して社内MVPにまで登り積めました。結果を出したからなのか、最近は「新しく来た人 ...
01
相談内容

私は社会人13年目です。
元々は事務員で営業歴は4年目です。
仕事内容は電話を使った営業です。

えりたさんのインスタを参考にさせていただいたり、
友人の話を参考にしたりして研究して社内MVPにまで登り積めました。

結果を出したからなのか、最近は「新しく来た人の指導をしてほしい」と言われることが増えてきました。
何人か指導して伸びずに諦めた方が多いのですが、
ようやく伸びた方が現れ、その方は現在支店2位までになりました。
気になるのはその方のやり方についてです。

その方は20代前半の若い女の子なのですが、
私のやり方をじとっと見ていて丸ごとやり方をパクるような感じで仕事をしています。

私が効率化を図った営業スタイルを真似したり、
休憩中とあるアプリを見て楽しんでいるとそれもパクられ?楽しまれたりしています。

彼女から何かされたわけではまったくないけど、
終始観察されてるみたいで正直気持ちが悪いです。

プライベートで話してみると苦手な人に対しても愛想よく合わせる感じで
「ぱっと見の印象はいいけど軸がない」ように思います。
軸がないから容易に他人の個性を無意識のうちに取り入れてしまうのかも。

私と彼女の営業成績はかなり開きがありますし、決して負けているわけではありません。
営業が強い人が支店にいた方が達成金も入ってくるので私にもメリットはあるのですが…。

私の心が狭いのは承知しています。
支店達成だけを見れば企業発展になって喜ばしいことなのに。
えりたさんならどう思われるかなと思いご連絡させていただきました。
(相談内容は編集しています)

K子さん、こんにちは!
事務職から営業職への転身、そして営業4年目には社内MVPを勝ち取るだなんて素晴らしいですね!

試行錯誤しながらめちゃくちゃ努力されたのですよね…!
仕事に対する情熱も、職場内派閥があってもはねのけてしまう心のたくましさも、
全部カッコイイなと思います!

さて後輩がK子さんの営業手法を丸ごと真似ているとのこと。
休憩中の遊びまで真似られてしまうとのこと。
周囲に愛想よく合わせ、軸がないように見えるとのこと。
むむむむむ…なかなかなストレスですねぇ…。

営業は真似してナンボとは言うけれど…

「優秀な営業さんの良いところを真似てみよう!」
「憧れの先輩の良いところを見つけて吸収してみよう!」

これはビジネス本や営業本でよく書かれていることです。
営業の仕事をしていると先輩からもよく言われます。

でもそれはあくまで「参考にしよう」という意味合いであって、
「丸ごと真似しよう」ということではないんですよね。
先輩の営業スタイルを見て「こういうところがいいな、自分のスタイルに取り入れてみよう」と掛け算で捉えるのが通常の考え方です。

自分の営業スタイル×先輩の営業スタイル=新たな自分の営業スタイル

それに対して後輩さんは足し算の捉え方なのです。
しかも自分の営業スタイルが0に近い状態で足していっているので、
まんまK子さんのスタイルを真似ているようになってしまいます。
これでは後輩さんの成長面が心配です…。

なぜ真似をするのか?考えられる理由

実際のところはわかりませんが、なぜ真似をするのか理由を私なりに考えてみました。

  • K子さんに憧れていて、少しでも近づきたい
  • 自分に自信がない
  • 真似をしていれば安心みたいな安易な考え
  • 無意識に真似していて、特に何も考えていない

上記のような理由なのかな…と思います。

指導係としてできること

K子さんは指導係に任命されているとのことですので、
真似に対する予防線を張ることと、
後輩の成長を見守るためにできることを私なりに考えてみました。

①まず後輩の良いところを見つけて褒める

いろいろ鼻に付くことはあるでしょうが、必ず良いところは一つや二つあるはずです。
私はメールを拝見して「この後輩、吸収力は抜群にありそうだな…」と感じました。
なので良いところを褒めて「あなたにも良いところはあるんだよ」と伝え、
自信をもたせてみてはいかがでしょうか。

②真似する理由を率直に聞く

ここ、超重要です。
「でも、最近のあなたは周囲の先輩方の営業スタイルを真似してるように見えます。何か理由はあるのですか?」と遠慮なくはっきりと聞いてみましょう。
確固たる理由があるかもしれませんし、もしかすると特に理由はないのかもしれません。

③その理由を受けてからのアドバイス

もし理由が「先輩のやり方がいいなと思って」みたいな感じでしたら、
「そうでしたか、真似してくれることは光栄ですが、そのまんま真似するだけではあなたのためになりません。せっかく良いところがあるんですから自分のスタイルにうまく混ぜていきませんか」といったアドバイスはいかがでしょうか。

一方「いや、別に理由はない」みたいな返答でしたら「そうでしたか、理由もなしに真似されるのはあまり気分のいいことではありません。あなたの営業力を鍛えるためにもまずは自分なりの営業スタイルを確立して、それから周囲の先輩を参考にしていくのはどうでしょう」といった辛口&前向きアドバイスもいいかもしれません。

アメとムチの後輩指導

いずれにしても今のままでは後輩の成長は頭打ちに…!

まんま真似をすることのデメリットは、
なぜそういう営業スタイルなのかという背景を知らない分、浅いんですよね。

K子さんの培ってきた苦労や経験を理解せずに真似しても芯を得ていないですし、
後輩の営業スキルは鍛えられないと思います。

自分で考え、工夫し、実践して、振り返る。
これは若い営業の方であればなおさらつけるべきスキルです。

K子さんは営業の第一線として活躍しつつ、後輩の面倒を見る立場でとても大変かと思います。
ですが後輩の真似ぐせが前向きに方向転換できていけば、
今後戦力になっていく可能性も秘めていますよね。

お二人が良い関係で肩を並べ、仕事できる日が来ることを心より願っております!
K子さんファイト〜!

相談内容ピーナッツと申します。求人媒体でテレアポのアルバイトを3年経験したのち、23才〜現在まで総合広告代理店で営業をしています。こちらが初めての正社員で4年目となります。 悩みは、あんなに楽しくて仕方がなかった仕事が、今年に入ったあたりから全く楽しく ...
onayami57a

相談内容

ピーナッツと申します。
求人媒体でテレアポのアルバイトを3年経験したのち、
23才〜現在まで総合広告代理店で営業をしています。
こちらが初めての正社員で4年目となります。

悩みは、あんなに楽しくて仕方がなかった仕事が、
今年に入ったあたりから全く楽しくなく、仕事が辛くなってしまったということです。
原因は大きく3つあります。

①会社の体制が変わった
入社当時はチーム制で上司と2人チームでした。
2人で同じ顧客を担当しチームでノルマを追うシステムでした。

私はこの上司から名刺交換、お客様へのメールなど仕事を一から教わり、
営業としてもとても尊敬していました。
上司へ成長を見せることが恩返しになると思い、またそれが私の仕事のやりがいでもありました。

しかし、今年に入って体制が変わったのです。
上司とはチームは別れ、上司と2人で担当していた顧客は1人で対応することに。

まだまだ上司から学びたいことは沢山あるのに(商談に同行するととても勉強になりますよね!)
それも出来ず成長を見せることも出来ず誰の為の仕事?と思うようになりやりがいがありません…
また1人でクライアントを担当するプレッシャーなどもあるのですが相談出来る相手がいません。

②後輩の存在
そんな中初めて後輩が出来ました。
後輩の存在はとても可愛いですし、後輩の成長はとても嬉しいです。
今後部下も増えチームのリーダーになる予定なのですが、自分自身未熟で自身がありません。

自分の既存クライアントを後輩に引き継がないといけないのですが、
仲が良いクライアント程なかなか引き継げません(ダメ営業です…)

③働き方改革
弊社も残業の禁止・有給取得など絶賛働き方改革中です。
それにより現在社内は効率化を1番に重視しているのです。
それにより残業が減り休みが増えるのは勿論良いことなのですが
効率化重視の仕事は全く楽しくありません。

納期によってはクライアントからの案件を断ったり、
デザイナーや部下を残業させないために仕事を妥協したり…。

①に戻りますが上司と2人でチームだった時は、
大きい案件は残業してでもじっくり思いっきり仕事して楽しかった…時代なのでしょうがないですよね。

長々と申し訳ありません。辞めたいと思う時もあるのですが、
好きな仕事ではあるのでどうしたらいいのかわからない状況です。
(相談内容は編集しています)


ピーナッツさん、こんにちは!
ご相談メールの内容、すべてが共感の嵐でウンウンウンウン、ウンウンウンウン…わかるわぁ~!と思わず叫んでしまいました。

20才の頃、3年もテレアポのバイトをしていたのですか!
さぞや電話営業の基礎が身についていることと思います。
そんな経験を経ての広告営業ですから、なんとも心強いですね~。

会社の体制が変わり頼りにしていた上司がいなくなる、
後輩ができたがリーダーになる自信がない、働き方改革で生産性が落ちていくのがつらい、
全部楽しくない要素ですよね…。わかります…。

ですが、成長できる要素でもあるのですよ、これがまた…!

1人になったのは成長した証

まず2人チームだった上司と離れることになったのは、
確実にピーナッツさんが成長したからだと思います。
1人でも、後輩ができてもやっていけると会社や上司が判断されたのでしょうね。

今の新チームで奮闘し、成果をあげることは十分上司への恩返しになると思います。
チームが別々になってもその上司はちゃんと見ていると思いますよ。

リーダーという肩書きが自分を強くしてくれる

リーダーじゃないときと、リーダーになったときの差はハンパないです。
リーダーになった途端、見えないプレッシャーが肩にズゥゥゥン…とのしかかってきます笑

でも肩書きがつくことで、周囲の見え方が変わってきます。

以前描いた漫画でもご紹介しましたが、仕事の優先順位を考えたり、
後輩指導と自分の仕事を両立させることで徐々に周囲が見渡せるようになります。
それってものすごい「成長」なんです。

後輩の指導は自身の成長に繋がる
えりたの絵日記 シーズン5より抜粋

 最初からリーダーの仕事を完璧にできる人はいません。
でも後輩の成長を嬉しいと感じられるピーナッツさんなら絶対いいリーダーになれますよ!
保証します!

仲良しなクライアントほど引き継ごう

仲が良いクライアントは引き継ぎたくないですよね…わかります。
でも円満な関係のうちに引き継ぐメリットもあります。
お客様が新任の後輩の影にピーナッツさんの存在を感じてくれるのです。

ピーナッツさんの後輩だからと取引を継続してくれたり、
後輩を一緒になって育てようと思ってくれることもあります。

それに仲が良いクライアントほどトラブルなどで一気に関係が悪化することもあります。
そのときに後輩に引き継ぎをしてもあまりうまくいかないことのほうが多いですし
後輩の負担も大きくなります。良好な関係のうちに引き継ぐに限ります!

働き方改革は前向きに捉えよう

今年4月から働き方改革関連法が施行されましたが、
多くの方が「働く時間が減ったのにこれまでと同じノルマが課せられる」
「残業できないので仕事を妥協している」などと嘆いていますよね。

ピーナッツさんのおっしゃるとおり、時代の流れですね。
これまでの長時間労働による弊害が多すぎたのが理由です。
特に広告業界は深夜まで仕事をするのがデフォルトでしたが、
健康を害したり離職率を高める要因にもなっていました。

これまでと異なる働き方にむず痒さを感じるとは思いますが、
まずは長時間労働をなくした働き方に慣れることが先決だと思います。

 最初は生産性が落ちると思いますが、定時上がりの勤務スタイルが定着すれば徐々に短時間でクオリティの高い仕事の追求もできていくと思います。

残業しない働き方を定着させてから短時間で仕事の質を高める努力を!

「これまで5時間かかっていた業務を1時間に短縮するには…」
「納期をクライアントと交渉しながら進めるには…」など、
少しずつ個々のレベルを高めながらクライアントと擦り合わせていく。
それがこれからの時代求められていくことなのかなと思います。

ピーナッツさんが感じていることは元来入社3~4年目の猛者たちが乗り越えてきた壁だとも思います。

つらいことも多いかと思いますが、周囲を頼りながら無理はせず、
乗り越えていってほしいなと思います。
元上司の方も応援してると思いますよ!