営業えりたのお仕事絵日記

タグ:休職

相談内容 私は四年制の大学を卒業後、事務職で割と大きめの企業に新卒入社しました。元々事務職を志望して就職活動をしていたので、資格・経験などは一切無い中の就職でした。最初は役職に就いている先輩が丁寧に優しく教えてくれ、さらに同期もとても良い人たちだったの ...
IMG_0659

相談内容

私は四年制の大学を卒業後、事務職で割と大きめの企業に新卒入社しました。
元々事務職を志望して就職活動をしていたので、資格・経験などは一切無い中の就職でした。

最初は役職に就いている先輩が丁寧に優しく教えてくれ、
さらに同期もとても良い人たちだったのですっかり安心できましたし、
頑張ろうというやる気に満ちていました。

ところが半年過ぎた辺りから役職付きの先輩たちが結婚などでガバッと辞めてしまい、
上司も突然異動になるなど職場内が人手不足で混乱状態になってしまいました。

それからは職場内が常にピリピリした状態で、
先輩に分からないことを質問してもこんなことも分からないのかというイライラが直に伝わってきて、聞きたくても聞けないと、自分の中で塞ぎ込んでしまいました。

それから仕事に対するモチベーションも上がらず、
無意識に自分の中にストレスが溜まってしまったようで、
電車に乗れなくなってしまいました。

そして今休職をしていて、もうすぐ半年が経とうとしています。
職場に復帰した方がいいのか、それとも転職した方がいいのか、ずっと悩んでいます。

復帰してもまた前向きに頑張れるのかということと、
新卒で一年も経たないうちに休職して、転職先なんてあるのか…など、
考えても仕方ないのは分かっていても、どうしても悪い方へ考えてしまいます。

えりたさんはこのような状況の時、どう打開しますか?
(相談内容は編集しています)


Aさん、こんにちは!
せっかく希望していた事務職に就くことができ当初は穏やかな職場だったのに、
突然の人員激減で大変な目にあってしまいましたね…。

新人のAさんにとって相談できる相手がいなくなってしまったことは相当きつかったと思います。

現在休職中とのことで復帰すべきか転職すべきか悩んでいるとのことですが…。
私だったら「転職」を迷わず選ぶと思います。
なぜそう思うのか、一つずつ説明させていただきます。

なぜ職場は人員補充をしないのでしょうか

大きめの企業にお勤めとのことですが、
役職付きの先輩方が一気に退職したのになぜ人員補充をしなかったのでしょうか。
通常、退職者がガッツリ出てしまったら人事担当がすぐに補充の手配をすると思うのです。

Aさんが勤めていた激動の半年間に人員補充がなかったのであれば、
さらに半年経った現在でもあまり状況は変わっていないような気がします。
そのあたりからも組織体制に不信感を感じるからです。

あの頃のチームはもういません

優しかった先輩も、頼りになる部長も現在はもういません。
恩義を感じるべき人はもういないのです。

復帰したとして、ピリピリしていた先輩方と人間関係の再構築ができますでしょうか?
Aさんも周囲の人もお互い気を遣ってしまい、
そういったなかで仕事に対するモチベーションを上げていくのは難しいのではと思います。

環境が変わればモチベーションも変わる

入社当初の穏やかな職場を経験していらっしゃるのでお分かりかと思いますが、
同じ職種でも職場によって全然雰囲気は違います。

スタッフの人数、スタッフの人柄、給与・待遇、社員とパートの比重、企業規模など…。
いろいろ違いはあるものの、やはり「誰と働くか」で仕事への向き合い方はまったく変わってきます。

ですので「今の職場に固執する必要はまったくない」のです。

休んでいること、席を用意してくれていることに罪悪感があるかもしれませんが、
Aさんが体調不良になってしまったのは今の職場が原因です。
それはまぎれもない事実なのです。

今の職場に固執する必要はまったくない

新卒2年目の転職は決して不利ではありません

退職した理由が明確であれば転職が不利になることはありません。
会社の労働環境に問題があったこと、現在は健康状態に問題ないこと」を
理路整然としっかり伝えられれば
「将来性のある若手人材」として有利に捉えられる可能性は高いです。
(もちろん「最近の若いもんはすぐに辞めるよね」と嫌味を言う企業もあるかもしれませんが…)

私も以前、Aさんと同じ状況だった方(新卒2年目)を正社員雇用前提で採用した経験があります。
ブラック企業で体調を崩してしまった、
それでもこの職種でがんばりたいという気持ちが伝わってきたからです。
(もちろん「最近の若いもんは」だなんて思いませんでしたよ!)

最近は「第二新卒」のニーズが高まっています。
そこそこのビジネススキルを持っていてポテンシャルの高い、柔軟性のある若い人材
どの企業も積極採用したいと思っています。

私の個人的な見解として「転職」をおすすめしてしまいましたが、
もちろんAさんがもう少し今の職場でがんばりたいという気持ちがあるのなら
復帰するのもありだと思います。

復帰も転職もどちらも選べる状況なのですから、
誰かのためではなく「自分のため」を思った選択をされてくださいね!応援しております!