営業えりたのお仕事絵日記

タグ:上司トラブル

こんにちは、えりたです。 いつもブログをお読みくださりありがとうございます。 働きながら妊活をする方のお悩みは これまでもたくさんいただいてきました。 今回のご相談者様も、転職すべきか否か悩んでいるそうです。 相談内容ぽむぽむと申します。社会人9年目です。 小 ...
onayami79a
こんにちは、えりたです。
いつもブログをお読みくださりありがとうございます。
働きながら妊活をする方のお悩みは
これまでもたくさんいただいてきました。
今回のご相談者様も、転職すべきか否か悩んでいるそうです。
相談内容
ぽむぽむと申します。社会人9年目です。
小さい頃から憧れていたデザイナーに新卒入社でなることができました。
この業界は激務のため転職を何度かしましたが、
現在は福利厚生のしっかりした働き方改革の進んだ会社で働いています。

また、制作業務だけではなく企画・立案・プレゼンなど幅広い業務を行っており、
仕事の幅が広がっています。

一方プライベートでは不妊治療を行っています。
そのことに関して職場の男性役職者から理解が得られず苦しい思いをしています。
女性役職者からは優しく気にかけてもらえていますが、ほとんどの役職者は男性です。

日本の男女平等レベルは世界的に見ても低い水準で、苦しい思いをしている人がたくさんいます。

今の職場でデザイナー以外のスキルも身につけた今、
女性のためになるような仕事ができないか模索していますが具体的なビジョンが見つかりません。
それに不妊治療中の身で転職するのも負担が大きいと感じています。
そもそもずっとなりたくてなった仕事を手放すことにも躊躇しています…。


ぽむぽむさん、こんにちは!
新卒の頃からデザイナー一筋で情熱を持って働いてきたのですね。
経験・スキル共に脂が乗っているぽむぽむさんは、
職場で戦力になっているかと思います。

また、福利厚生や働き方改革などにも積極的な職場で
働きやすさを感じているのはいいことですね。

だがしかしですよね…。
不妊治療について会社上層部の理解がないのは精神的につらいことだと思います。

不妊治療をしていることを会社に報告することは勇気のいることです。
ぽむぽむさんは業務に支障がきたさないようにちゃんと報告したんですよね。
えらいなぁと思います。
その勇気や、大変な思いをしていることを周囲の方はもっと汲み取ってほしいなと思います。


不妊治療はまだまだ世間の理解度が低い

私の感覚値ではありますが、不妊治療は当事者以外の方々には
まだまだ理解されていないような気がします。
不妊治療の話題がオープンになってきたのはここ数年のことですよね。
SNSの普及に伴って徐々に一般の方や芸能人の方が発信してくれるようになりました。

しかし実際にはとてもデリケートなことですし、
身近な方には言いにくいことですし、
周囲も当人もまだまだ気を遣ってしまいますよね…。

不妊治療は決して特別扱いではない

おそらく会社上層部の方は、不妊治療が「特別扱いされてる」と
思っているのではないでしょうか。
不妊治療を理由に会社を遅刻したり、
半休とったり時には休んだりすることをよく思っていないのかもしれません。

ですが、誰もがいつでもフルタイムでしっかり働けるわけではありません。
会社の上層部の方や役員の方だって、
突然病気や怪我に襲われることもあります。
家族の介護が必要になることもあります。

そんなときに「お互い様」の精神で助け合いながら働ける職場
本当の良い会社なのではと思います。
そんな会社になっていってほしいですよね。
onayami79b

不妊治療中の転職は負担が大きいと思います

ぽむぽむさんのおっしゃるとおり、
転職すると環境がガラッと変わるのでものすごい心身に負担がかかりますよね…。
それでなくても不妊治療で十分負担がかかっているのですから、
今転職するのは、ぽむぽむさんがツラくなってしまうのではと思います。

女性役職者を味方につけて心の負担を減らしてみては?

気にかけてくれている女性役職者の方に
もう少し踏み込んで現状の苦しい思いを打ち明けてみるのはどうでしょうか?

今回の悩みは今の会社で働く女性社員たちが
これからも安心して長く働き続けるためにも大事な問題だと思います。

心の負担を減らす改善策・対応策を一緒に考えてもらい、
ストレスなく不妊治療と仕事が両立できる環境になっていくことを願っています。

上層部の考えを変えることは難しくても、
会社の待遇や制度を変えることはできるはずです。
「働き方改革」の一環として、会社側に問題提起してみましょう!

一人で悩まずに、周囲の方をどんどん味方にしてくださいね!
陰ながら応援しております!

相談内容 社会人3年目、公務員の事務職として働いています。公務員といえば、皆さんのイメージではのらりくらり、マイペースに仕事ができると思われがちなのですが、私の職場は毎日深夜まで働き詰めの職場で労働環境はとても悪いです。そんな状況のまま、残業時間の制限が ...
IMG_0655

相談内容

社会人3年目、公務員の事務職として働いています。

公務員といえば、皆さんのイメージではのらりくらり、
マイペースに仕事ができると思われがちなのですが、
私の職場は毎日深夜まで働き詰めの職場で労働環境はとても悪いです。

そんな状況のまま、残業時間の制限がかかるようになりました。
年間360時間、月の上限は45時間に抑えないといけないというルールです。

もちろん、私1人ではそんな時間に抑えられるわけがありません。
ですがこの制限は本来、一人当たりの過重労働を少なくして、
ライフワークバランスを良くしよう!という目的で打ち出されたものですので、
みんなで分担すれば45時間に抑えることも可能なはずなのです。

部署の中でも毎月残業なしで帰られてる人もいらっしゃいます。
もちろん、残業がないように効率よく進めていらっしゃるのですが、
業務量が明らかに偏っているのも事実です。

上司からは部署内に向けた一斉メールで
「○○さんについては残業可能時間はあと○時間ですよ」というメールが来たり、
お昼時間も削って仕事をしている職員に対して
「あと、○時間だからね、よろしくね」と、声をかけてきたりします。

結局、溜まった仕事を終わらせることができないまま、
上限時間ギリギリで無理やり帰され4月が終わりました。
5月は溜まった仕事に対して取引先からクレームが来る始末です。

上司にこの状況を報告しましたが上限時間は変えられないの一点張りで、
見て見ないフリをしております。
ちなみに、この上限時間は特例がありまして、
特段の理由がある場合は上限を100時間まで延ばすことも可能なのです。

他の部署ではこの特例を出していることも知ってるのですが、
私の部署では特例は出さないと言われてしまいました。
(特例に関する手続きに時間を取られる方が、無駄な作業とのことです)

周りの方や他部署の上司にも相談をしましたが同情されて終わってしまいます。
結果、仕事を持ち帰るかサービス残業をしてなんとか仕事を終わらせる日々が続いております。

残業時間はその部署がいかに忙しく人手が足りてないかを把握するために必要な情報だと思っています。
私の部署ではサービス残業をする人がみるみる増え、
残業時間だけ見ればもはや前より忙しくなったのではないか?と思わずを得ない状況で、
これじゃ本末転倒なのではないかとモヤモヤしながら働いております。

えりたさんだったらこの状況をどのように上司に伝え、働きかけますか?
もしくは気持ちの切り替えをどのように行いますか?


アイさん、こんにちは!
毎日遅くまでお仕事されて、本当にお疲れさまです…!

公務員さんって世間で抱かれるイメージとはかけ離れてますよね。

私の友人も市役所で働いていますが、かなり遅い時間まで毎日働いていて
しかも市民から「私らの税金で食ってるくせに」と文句言われることもあるらしく、
大変だなぁつらいなぁ…と心配してしまいます。

「働き方改革」って…

そもそも今年4月から施工された「働き方改革関連法」は
働く人が健やかに働き続けるために長時間労働をなくそうという目的があります。

そのためにもただ働く時間を削減するのではなく、業務内容を見直したり仕事の割り振りを見直す必要があると思います。

そういった見直しも取り組みもせず残業可能時間をメールで伝えてきたり、
取引先からクレームが来てるのに見て見ぬフリするとか、
こう言っちゃなんですが上司の無能っぷりがすごいですね…。(口が悪くてすみません)

仕事を持ち帰ったりサービス残業をするなんて仰る通り本末転倒ですよね。
「働き方改革」は「上司の意識改革」でもあるなぁと感じます。
私だったら上司に対してどう働きかけるか考えてみました。

見て見ぬフリする上司への働きかけは…「見える化」させる

部署内にサービス残業せざるを得ない方が何人もいて、
それを上司は知っていて何もしないんですよね?
サービス残業する部下を横目に帰社しちゃうんですよね?

私だったら上司に「サービス残業せざるを得ない現状を知っていただきたいので、私たちが残業終わるまで何もしなくていいので、ただ見ててくれませんか?」と言うと思います。

一度でもいいので最後まで上司にいてほしいです。
上司の席から見える景色、それは定時で帰ってる社員とサービス残業してる社員がいる事実です。そしてその双方に能力の差があるのかどうか真剣に考えてもらいたいです。

業務量に偏りがあるからこういう軋轢が生まれているということを
「見える化」させてみてはいかがでしょうか。

業務量に偏りがあるからこういう軋轢が生まれているということを「見える化」させる

責任の所在を上司が負うことに同意してもらう

「残業削減に取り組むことによって、取引先との仕事に支障をきたしてしまった場合、その責任をすべて上司に負っていただきたいのですがよろしいですか?それでもよろしければ残業時間45時間におさめます。」と言ってみるのはいかがでしょうか?

残業削減や残業時間の設定は部署ごとに行っているとのことですので、
現在の業務量のまま残業削減することの弊害はすべて上司に責任があると思います。

他人ごとだと思っている上司に責任を負ってもらい「自分ごと」にさせていくのはいかがでしょうか。

最終的には…部署異動も考えてみる

それでも上司の考え・やり方が変わらない、
何をやっても現状打破できない場合は悔しいですが部署異動を考えるのも一つの手だと思います。

人事面談などは定期的に行われているのでしょうか。
そういった機会で劣悪な現状や健康が脅かされていることを強く主張することで
他部署へ異動できる可能性もなくはないのではと思います。

「他人を変えることはできない、自分を変えるしかない」という言葉もありますが、
アイさんを取り巻く環境を自ら変えていくのも手だと思います。

とにかく現在の働きづくめの状況だとアイさんのお身体がとても心配です。
現在も他部署の上司に働きかけたりと行動しているアイさんは偉いなと思います。

アイさんが無理せず長くお勤めができるよう、陰ながら祈っております。

相談内容保険の営業をして丸5年(内産休、育休が2年弱)のぽむちゃんと申します。同じ会社の別事務所(同じフロアですが、事務所が違います)の新人さんが私が訪問していた企業に、私の育休中に企業開拓に行かれて、出入りの許可をもらって訪問されているようです。私は ...
onayami59a

相談内容

保険の営業をして丸5年(内産休、育休が2年弱)のぽむちゃんと申します。

同じ会社の別事務所(同じフロアですが、事務所が違います)の新人さんが私が訪問していた企業に、私の育休中に企業開拓に行かれて、出入りの許可をもらって訪問されているようです。

私は今年の春に復職し、同期入社の方からその話を聞きましたが、
新人さんが開拓されたのも今年の春頃だったようです。
私の同期の方も心配して私に話してくれましたが、上司にも誰にも言えず黙っていました。

その後、復職のご挨拶を申し上げに企業様へ訪問した際、
誰かわからないけど私と同じ会社から新人さんが来ているよと言われました。
その旨を私の上司に伝えたところ、名前もわからない人のことはどうしようもないと言われました。

後日、その企業様を訪問した際に従業員の方より、
新人さんが置いていったであろうチラシを見せていただき名前と事務所もわかったので上司に伝えたところ、「もともとぽむちゃんが行っていたところだから行っていいよ」と言われました。

新人さんと私が鉢合わせしたらどうしたら良いのでしょうと上司に聞くと「育休で休んでたんで」や「お客様がいらっしゃるので」と言えばいいさと言われました。

ですが、その新人さんの上司の方が企業様のほうが来ていいよと言われているのだから別に行って何が悪いの?という感じのようです(同期の人が聞いてくれてたようです)

新人さんと鉢合わせするのではないか?と思うと怖くてなかなか企業様へ訪問の足が遠のいてしまっています。
どのようにしたらよいでしょうか?
(相談内容は編集しています)


ぽむちゃんさん、こんにちは!
保険会社の実情はあまりよくわからないのですが、
同じ会社であっても支部が違うとまったく別の会社のような扱いになってしまうんですね…
(しかも同じフロアなのに)
不思議ですねーー…。

社内のバッティング問題はどこの営業会社でもつきものです。
そしてバッティングトラブルを防ぐために社内ルールやトラブルを防ぐ対策をするのが普通です。
それでも何百人も営業がいれば、営業をかける企業がかぶってしまったり、
その都度話し合いをして擦り合わせていくということがよくあります。

社内ルールの徹底を!

ですので今回の問題、誰がいちばん悪いのかといえば支部ごとの上司たちだと思います。
社内で営業同士が同じ顧客に営業をかけてしまうことは十分に考えられるのですから、
ルール徹底をすべきですよね。
先に営業かけてる人を優先するとか、バッティングしようが気にせず営業するとか。
方針を統一してほしいです。

そういう現状ですと、ぽむちゃんだけじゃなく営業先がバッティングすることはよくあるのではないでしょうか?

社内ルール徹底と、その都度支部長同士で話し合って擦り合わせしてもらうように上司に嘆願してみてはいかがでしょうか。
会社全体て徹底するのは難しくても同じフロア同士で擦り合わせることはできるはずですよね。

上司たちにとって大した問題でないかもしれませんが、
現場で働く営業たちにとっては大問題ですよ…。

社内ルールを徹底すべき

産休育休中の顧客サポートは誰がやるのか

今後ぽむちゃんさんがまた育休に入ることもあるでしょうし、
他の方が育休を取ることもあるでしょうから、
産休育休中の顧客へのサポートについてもチーム内で取り決めすべきだと思います。

営業担当がいなくなって困ってしまうのはお客様です。
保険の相談をしようにも誰に聞いたらいいかわからない、というのはよくない状況です。

育休前には別の方に臨時で引き継ぐとか、
支部長が臨時で引き継ぐとかチーム内で対策をすべきだと思います。

ライバル(別支部)に横取りされない対策・対話を!

お話を聞いていると、ライバルは同業他社というよりも社内にたくさんいそうですね。

上記のようなルール化を徹底するか、支部長同士での話し合いをしてもらうよう、
けしかけていくしかないのかなと思います。
ぽむちゃんさんはもう中堅社員なのですから、意見を言ってもいいと思いますよ!

それがダメそうだったら、新人さんと直接話し合いをして決着をつけてもいいと思います。
(同じフロアにある事務所なのですから話そうと思えば話せる状況なのでしょうか?)

 「現在あなたが営業かけている企業は、元々私が担当していたところです。でも産休育休で2年営業をかけていなかったことも事実です。そういった状況なのですが、今後どうしましょうか?」と建設的に話し合ってみてはいかがでしょうか。

上司がふにゃふにゃした見解であれば、当事者二人で解決するしかないのかな…と思いました。

もし可能だったら二人で同じ企業に営業かけてもいいのかなと個人的には思うんですけどね(それは難しいのでしょうか?^^;)

ともあれお互いが納得できる着地点に落ち着くことを祈っております!

相談内容 営業3年目のマコと申します。規模が小さい会社に勤めているのですが、私が入社して1年と経たないうちに入った当初の約半分の先輩や上司たちが退職してしまい、直属の上司が社長になりました。私は体育会系で育ったので、間違えていることやダメなところがあれば ...
IMG_0446

相談内容

営業3年目のマコと申します。

規模が小さい会社に勤めているのですが、
私が入社して1年と経たないうちに入った当初の約半分の先輩や上司たちが退職してしまい、
直属の上司が社長になりました。

私は体育会系で育ったので、間違えていることやダメなところがあればどんどん叱ってほしいし厳しく指導してもらうとやる気が出るタイプです。
しかし現社長は経営が仕事なのでつきっきりで面倒を見てくれることはなくほとんど放任で、
自分一人で仕事をするようになりました。

1年目の何もわからない中で一人で手探りで頑張りましたが、
2年目の半ばには先輩たちはほぼ居なくなっていたのでいよいよ誰にも頼れなくなってしまいました。

さらに上司は(これは良いことが悪いことがわかりませんが)女性社員にとても甘く、
何をしても強く怒られるということがありません。
社長に直接厳しくしてほしいと伝えましたが、できないなあと言われてしまいました。

このまま自分一人で仕事をこなし自分で全部管理するだけだとモチベーションは上がりません。
毎月淡々と最低限のノルマだけこなせればいいと思ってしまい、全力で頑張れない自分が辛いです。

頑張れないのが辛いという悩みは、頑張ってうまくいかなくて辛いという悩みよりもずっと辛いです。

もっと一生懸命になれる、そして、自分のためになるような仕事があるのではないかとソワソワしてしまいます。
しかし上からのこれ以上人がいなくなったらやばいからやめないでほしいオーラもひしひしと感じられます…。

その気持ちもわかるので、やめるにやめられません。
最後に決めるのは自身だとわかっていますが、
参考までにえりたさんのご意見を聞けると嬉しいです!
(ご相談内容は編集しています)

マコさん、こんにちは!
入社して間もなく社長が交代、2年目には先輩がほとんど退職、
とてつもないタイミングで入社してしまいましたね…。
手探りながらも自力で3年目を迎えられたこと、本当に立派だと思います!(涙)

退職も考えているとのことですが職場が少人数になってしまった今、
辞めにくい状況でもありますよね…。

経営状況を把握してみる

私の個人的見解ですが、お話を聞く限り経営的に大丈夫なのかな…と心配してしまいます。

会社が創業何年かはわかりませんが、1年弱の短期間で全体の半分の社員が辞めてしまったのは会社に相当まずいことがあるからだと思います。
しかも上層部や社長まで。

職場の活気はどうですか?業者に対しての支払いが遅れてませんか?会社の取引銀行が変更されてませんか?社長は資金繰りの調達でバタバタしてませんか?文房具など細かい経費も節約しろとか言われてませんか?

なかなか一社員として会社の経営状況を把握するのは難しいかもしれませんが、
業種的にも売掛金が多くなる分、傾き始めると一気に危うくなる可能性があります。

新しい社員を採用して、組織として立て直していくような兆しがないのであれば、
今後は先細りしていく一方なのでは…と不安になってしまいます。

給与支払いの遅れが出始めたらそれはもう会社として末期状態を指しますので、
早めのご判断が必要かなと思います。
(現在働いている職場なのによからぬ心配を色々してしまって申し訳ありません…)

後輩を指導できるか否かで考えてみる

仮に新しい社員が入社してきたとして、マコさん的に後輩を指導できそうでしょうか?
これまで自力で導き出した営業ノウハウを後輩にも伝えていけそうなのであれば、
もう少し今のままがんばってみてもいいかもしれません。

その際は役職を就けてもらい、給与をあげてもらうことを条件にしたほうがよいと思います。
今でさえ負担が大きいのに、給料据え置きで労力だけ増えてしまうのはやってられなくなりますからね…。

もし後輩に教える自信がまだないということであれば、
転職を視野に入れたほうがよいのではと思います。
組織としてのバランスが整った職場で、先輩や上司から営業のノウハウを一から学んだほうが長い目で見るといいのかもしれません。

これから入ってくる新人に指導ができそうか否かで判断してもよいのでは…?

全力で頑張れる場所はあります、きっと!

マコさんのおっしゃる通り、全力で頑張りたいのに頑張れないというのはとてもつらいことだと思います。
せっかくバイタリティとガッツがあるのですから、
基礎からやり直し飛躍することはできるはずです。

ご自分の人生なのですから、後悔のない選択をされてくださいね!