営業えりたのお仕事絵日記

タグ:モチベーション

相談内容 みみと申します。社会人2年目です。 職種は企画営業で、業種は就職情報業界です。 私の仕事は学生の就活を応援する立場であり、 学生さんの相談を受けたり、 企業の新卒採用のサポートをしているのですが 企業側との相談内容について悩んでいます。 企業の方 ...
onayami78a

相談内容

みみと申します。社会人2年目です。

職種は企画営業で、業種は就職情報業界です。


私の仕事は学生の就活を応援する立場であり、

学生さんの相談を受けたり、

企業の新卒採用のサポートをしているのですが

企業側との相談内容について悩んでいます。


企業の方の悩みは大体が

「今の若い子の気持ちが分からない、若い子はすぐに辞めてしまう」

という内容です。


私もまだ社会人2年目であるため、

仕事が辛い、きつい、辞めたいと思うこともあります。


ですが仕事の場になると、すぐに辞める若い子は「悪」という

暗黙の前提があるような気がして少し苦しくなってしまいます。

板挟みのような気持ちになるのです。


もちろん仕事と私情は分けなければいけないので、

私が良くないとは分かっているのですが、

そういった相談を企業から受け、改善する策を提案することが

だんだんと難しくなってきました。

営業成績にも繋がらずモチベーションにもならず

負のループに陥っています。


もし正直な気持ちを上司に伝えたら、

私情は分けろと言われるのは分かっていますし、

こんなことで悩む私がおかしいのかと思い、

この仕事を続けていける自信がなくなってきてしまいました。


こういった気持ちになったら

どういう解決の仕方をすればいいのでしょうか?

また、すぐ辞めてしまう若い方々は悪なのでしょうか?

私は、とてもそうは思えません。


私の悩みはただの弱音なのかよく分からず、
同じような業界の
えりたさんにお悩み相談をしたいと思い、

勇気を出して相談してみました。


仕事はいつも120%の力で頑張りたいと思い、

辛くてもきつくても頑張っていますが仕事が慣れ始めてきた今、

初めて高い壁に当たっているような気持ちでいます。


みみさん、こんにちは!

学生さんの就活サポートをしたり、企業の新卒採用サポートをしたり

まさに「人と企業の架け橋」となってお仕事をされてるのですね!


私が経験した求人広告業界よりももっと

採用活動に関して踏み込んだ立場かと思いますので

その分悩みも多いかとお察しいたします。


企業の採用担当者および経営者の方は

若い子がすぐに辞めてしまうことが最大の悩みであり
解決策を教えてほしいと思ってるのですね。

みみさんもその「若い子」に括られるご年齢ですし

たしかに板ばさみ状態でしんどいですね…。


すぐ辞めるのは「若い子が悪」なのか「会社が悪」なのか

私の考えとしては

すぐに辞める若い人が悪だとは一概に思いません。

辞める原因は内的要因、外的要因どちらもありますから…。


会社が自分に合ってないと思うのなら

無理してその会社にい続ける必要はありませんし、

早めに見切りをつけることが功を奏す場合もあります。


最近は第二新卒の採用が活発化していますので

新卒入社した会社に何がなんでもしがみつく必要性がありませんからね。

とはいえ「会社が悪」の場合もあるだなんて、

企業の方にはとても言えませんよね…。


現状を知ってもらう

みみさんは昨年、独立法人・中小機構が公開したPR動画を

ご覧になったことはありますか?
YouTubeで結構話題になったのでご存知かもしれませんがリンクを貼らせていただきます。

 


この動画では上司と部下の間に大きなギャップがあることが描かれています。
単純に「世代間ギャップ」がものすごいあるんですよね、今の世の中。
それに上司や経営者は気づいていないのだと思います。

この動画ではこんなテロップが流れています。


・中小企業の73.7%が人手不足を感じている。

・人手不足を残業などの業務過多で解決する中小企業が60.7%。

・中小企業の新入社員の52.4%が3年以内に退職。

2人に1人の新人が3年以内に退職している現状を知ってもらい、
「御社だけの問題ではない、社会全体の問題だ」
伝えてみてはいかがでしょうか。


・若い子が辞めるのは御社だけではない。

・中小企業の2人に1人の新人が3年以内に退職している。

・今は完全なる売り手市場。

・どこの企業も新人の確保に奮闘している。

・なかには新卒1人採用するのに1,000万円以上コストをかけている企業もある など


上記のような現状を知ればきっと採用担当者や経営者は

「今の世の中、若手を採用するのも育てるのも難しいのだな…」と
感じてくれるのではないでしょうか。

onayami78b

その会社で頑張ろうと思える動機付けを

新人を採用するのも育成するのも大変な世の中ですが、

会社それぞれの歴史があり、思いがあり、ビジョンがあるはずです。

そういったところを深堀りして、明確にして、共感してもらえれば、

会社にマッチするような新人を採用できるのではないでしょうか。


「御社で頑張ろうと思ってもらえるような”きっかけ作り"を一緒に考えましょう」と
伝えてみてはいかがでしょうか。


働きやすさを追求する

せっかく新人を採用できても、長く働ける環境が整っていないと
すぐに辞められてしまいますよね。
なんせ売り手市場ですから、我慢してそこで働き続ける必要性がないのです。


現在の待遇や福利厚生、労働時間など現状を洗い出して、
より働きやすい環境作りを提案してみてはいかがでしょうか。


最近では特に「残業の有無、産休育休支援、育児・介護休暇、妊活支援、認可外保育園補助」など、従業員を支援する制度が注目されております。

働きやすくプライベートも大切にできる環境は長く働くためにも重要な要素です。


企業の方と"一緒に"考えましょう!

長々と書いてしまって申し訳ありません。

まとめると企業側の不平・文句は軽く共感する程度にとどめ、

「優秀な新人を採用し、育てるために何ができるのか一緒に考えましょう!」

というスタンスで向き合ってみてはいかがでしょうか。


すぐ辞める新人は悪」だなんてぼやいたところで何も生まれません。

でも「すぐ辞めないために会社としてできること」は必ずあります。

そこを若手代表として一緒に考えていけば良いと思います。

みみさんなりの視点で、企業のサポートができると思いますよ!

陰ながら応援しています!


★「お仕事お悩み相談室」新規ご相談は8月から受付開始します!

相談内容 えりたさんこんにちは!izuzuと申します。新卒入社2年目になった求人広告の営業女子です。最近、何のために仕事をしているのか分からなくなってきました。モチベーションが下がってきたもしくは、モチベーションが上がらないっていうことなのかなと思います。今 ...
IMG_0444

相談内容

えりたさんこんにちは!izuzuと申します。
新卒入社2年目になった求人広告の営業女子です。

最近、何のために仕事をしているのか分からなくなってきました。
モチベーションが下がってきたもしくは、
モチベーションが上がらないっていうことなのかなと思います。

今後どうすればいいか、アドバイスお願いいたします!
(ご相談は編集しています)

izuzuさん、こんにちは!
モチベーションが上がらない、スランプ気味で結果が出ない、
売上が上がっても以前ほどに喜びがない…。
営業職の方なら誰もが一度は経験する悩みだと思います。

私もizuzuさんのように「何のために仕事をしているんだろう…」と気分が落ち込むことが多々ありました。
私なりに考えた見解をご紹介しますので、ぜひ何かしら参考になれば幸いです。

お金のため

生活するにはお金が必要です。
食費、光熱費、車代、ガソリン代、交通費…。
普段の何気ない生活はお金がないと成り立ちません。

また、ちょっといい化粧品を買う、好きなアーティストのライブに行く、友達と旅行に出かける…そんな生活に潤いを与える活動にもお金は必要です。

なんのために仕事をするのか、それは「お金をもらって生活をする、さらに生活に潤いを与えるため」だと思います。

お客様と求職者のため

求人広告の仕事の醍醐味はなんといっても「求人広告を通して企業と求職者が双方幸せになれるお手伝いができること」だと思います。

受注したら終わり、掲載したら終わりではなく求人広告を通して人と人が繋がっていくきっかけ作りになっていると思います。

なんのために仕事をするのか、それは「社会貢献性のある仕事でお客様と求職者を幸せにするため」だと思います。

自分のため

仕事を通してたくさんの学びがあります。
法人営業は普段何気なく通り過ぎているお店や企業と接点を持つことができる仕事です。
そこから人脈が広がったり、たくさんの経営者の話を聞くことで視野を広げることができます。

なんのために仕事をするのか、それは「仕事を通して人間力を上げる、さらには人生の糧にしていくため」だと思います。

モチベーションを上げるには…

仕事をする目的を3つあげてみましたが、それらの目的を達成するための動機付け、つまりモチベーションについて私の見解はただ一つです。

行動し続ければ、モチベーションは上がる!!!!です。

行動し続ければモチベーションは上がる

もやもやと悩む前にまず行動する、やるべきことをやる、
行動を継続することでモチベーションは必ず上がります。

普通逆じゃないの?モチベーションが上がるから行動できるんじゃないの?と思われるかもしれません。
ですが行動をし続けることでそれは「習慣化」されていき、行動が苦にならなくなってきます。
おまけに結果もついてくればモチベーションは上がってゆくという流れです。

わかりやすく腹筋トレーニングで例えてみます。
最初は腹筋を1日10回やるだけでへとへとでした。
でも毎日継続することで段々と苦にならなくなってきておまけに筋肉がついてきました。
1日10回が20回、50回と余裕で数を増やすことができ腹筋に対するモチベーションが上がってきた…という感じです。

営業職の場合、毎日テレアポをxx件する、飛び込み営業をxx件するなど、手と口と足を動かし行動し続けてみてください。
継続は習慣化され力となり次第にモチベーションが上がってくるはずです。
がんばってくださいね!