onayami76a
相談内容
営業職4年目、わらびもちです。
入社1年目の頃からえりたさんのInstagramをフォローしていました。
なかなか成果が上がらないこともありましたが、えりたさんのInstagramで活動の数字に拘る、着座アポを増やすなど1つずつ行い、下から早かった私の成績が3年目でようやく平均へと這い上がりました。

しかし、4年間数字の達成率が他よりも少ないことへのストレスや上司たちのプレッシャーに耐えながら仕事をしてしまい、今年の6月に体調を崩し 【抗うつ状態】と診断され今は病欠として休職しています。

現職は正直に言うと就活が遅かったのもあり、たまたま声をかけられた会社に入社する形となったため第1志望でもありませんでした。

しかし入社してからはやりがいもありましたし、せっかくここまで頑張れたから担当先には「わらびもちロス」を残せるような成果を出してから辞めてやる!と考えてた時期もありました。

しかし、プレッシャーやストレスで会社の扉の前で足が竦んだり、通勤中に涙が出てしまう、など身体に異変が出てしまうこともありもう辞めた方がいいのか…。と考えています。
(相談内容は編集しています)

わらびもちさん、こんにちは!
現在は休職中とのことですので、ゆっくりと体を労わりながら養生されてください。

これまでたくさんのストレスやプレッシャーを抱えながら仕事を続けるのは本当に大変だったと思います。そんな状態に耐えながら、地道に営業活動を行い、じょじょに売上を上げてきたのは本当にすごいことだと思います。

4年間努力してきたことは決して無駄ではなく、これからわらびもちさんがよりよい人生を送る上でも大事な時間だったのではと思います。

営業職で得たこと

営業職の一番の魅力は「たくさんの方と出会えること」だと思います。

わらびもちさんが4年間営業活動をするなかで、たくさんの人と出会ったことと思います。なかには冷たい対応をする人もいたでしょうが、「出会えてよかった」と思える人もいたのではないでしょうか?

たくさんの人柄に触れ、生き方を知れたことは、豊かな人生を歩む上でも大きな糧になっていくはずです。

人の数だけ人生があり、働く場所がある

営業職でたくさんの方に出会ったわらびもちさんならお分かりかと思いますが、人の数だけそれぞれ人生があり、それぞれいろんな場所で働いています。当たり前のことを言ってますが、営業職であればそれがより一層肌で感じたのではないでしょうか?

世の中にはいろんな仕事があります。わらびもちさんが現在の職場に固執する必要がないほど、たくさんの求人募集広告が毎日出ています。今の会社を辞めても、不安になることはまったくありません。

身体を壊してまで続ける必要はありません

ですので、現在の職場になんとしてでも復帰する必要はありません。仕事は他にもいくらでもありますし、営業以外の職種もたくさんあります。

「営業の仕事を通していろんな出会いがあったな、でもプレッシャーの強い仕事はもういいかな…」これくらいの気持ちでいいんです。

身体を壊してまで続ける必要はまったくありません。むしろ私はわらびもちさんを追い詰めてストレスを与え続けてきた上司のやり方に疑問があり、怒りが湧いています。

今はしっかり休むことがわらびもちさんの最大のお仕事です。心と体を整えてくださいね。わらびもちさんのこれからの人生がより一層素晴らしいものになっていきますよう陰ながら見守らせてください。

onayami76b