onayami42a

えりた
今回メールをくださったのはペンネームみかんママの娘さん。コールセンター管理者や人事の仕事を経て現在は広告代理店でライターの仕事をしているそうです。
相談内容
元々は営業事務として入社し、営業さんからの依頼で原稿作成や電話応対、請求書発行などの各種事務を行っていました。

ライタ-になったきっかけは、社内公募があり興味をもったから。
電話のみでやり取りをしてきたお客様に直接お会いして、取材ができることに魅力を感じたのです。

仕事自体は楽しく、採用担当者様をはじめ代表取締役、創業者、スタッフさんなど様々な方にお話を聞くことができて、とても充実した毎日を送っています。
食品工場や空港などは、仕事というより社会科見学をしているようです(笑)

ですが、私は取材は好きでも、肝心のライティングは苦手です。
もちろん、自分からライタ-になったくらいなのでそれなりにコピ-は書けます。でも、営業事務からの職種変更でライタ-になった身。やはり、「なんちゃってライタ-」なんです。

自分なりに努力はしています。
ライティング関連のセミナ-に参加したり、他のライタ-さんが書かれた原稿を読んで勉強したり…。本を読み、知識も養いました。

けれど、原稿案(コンセプト)を考えるとか、「聞く」ことは好きでも、「書く」のは苦手。苦手というか、好きではないのです。

きっと自分のライティングスキルの無さから自信を無くしているのかもしれません。取材に魅力に惹かれてライタ-になりましたが、書くことは好きではないなんておかしいですよね。そんな自分に対するもどかしさから、仕事にもストレスを感じるようになりました。

幸い私にはライティングをヘルプしてくれる方がいるので、取材がたてこんだ時には取材をしてコンセプト案をまとめるまでは私がやり、ライティングは他の方に任せることができます。なので、取材の予定がたくさん入るようスケジュ-ルを調整し、なんとか書かなくても済むようにしている自分もいます。
もちろん自分で書けるときはちゃんと書いています。

こんな私なので、「なんちゃってライタ-」のメッキがいつ剥がれてもおかしくありません。今は何とかやってこれていますが、このまま続けてよいものか悩んでいます。

まとまりのない文章で申し訳ございません!
心のモヤモヤを聞いていただいてありがとうございました!

(ご相談内容は編集しています)

みかんママの娘さん、こんにちは!
ライターのお仕事をされてるのですね、控え目にいってめちゃかっこいいです!

私がこれまで勤めた広告代理店にはライターさんがいなかったので、本当にうらやましい限りです…。キャッチコピーそして広告内の文章が広告の価値を何倍にも高めますし、正直キャッチコピーがバッチリ決まると「これは反響出るな…!」と思いますし、にやりとしてしまいます笑

その意味でも取材って本当に大切ですよね。普段入れない工場や商業施設の裏側にある事務所などユーザー側ではわからなかったことを知ることができ、お客様の話をじっくり聞くことで広告にする対象物がより一層魅力的に感じますよね。

「取材=インプット」と「ライティング=アウトプット」の両立は大変

ただ大変なのが「取材=インプット」に対して「ライティング=アウトプット」であって、これをセットで1人がやらねばならないのが大変なんですよね…。

もちろん取材して肌で感じたことを文章に落とし込んだほうが、より伝わる文章になりますし、クライアントの気持ちを汲み取った構成にもなるのですが。

セミナーに参加されたり勉強もされていて、みかんママの娘さんのおっしゃるとおり、きっとちゃんとライティングはできていらっしゃると思います。ただ、スキルうんぬん抜きにして単純に「ライティング、好きじゃないかも…」と思ってしまっているかもしれませんね。

分業制でも良いと思います

もし今後独立されて「フリーライター」として活躍されることを見据えているのであれば、取材力もライティング力も必要かもしれませんが、現在の広告代理店で働き続けていくお考えであれば、分業制もありなのでは?と思いました。肩書きも「取材スタッフ」に変えて取材に集中するのも一つの方法なのかなと思います。

クリエイティブな仕事は得意分野を伸ばすほうがうまくいく

やはり人には得意不得意があって、特にクリエイティブな仕事ほど得意分野を伸ばすほうがうまくいくような気がします。

グラフィックデザイン、WEBデザイン、イラストレーションも近しい存在ではありますし全てこなしている方もいらっしゃいますが、得意分野を絞っている方のほうが突出していますし、クリエイティビティも高い印象があります。

現在ライティングにストレスを感じているのであればなおさら、ヘルプしてくれる方にライティングはおまかせして、みかんママの娘さんは取材とコンセプト案に集中するほうが効率がいいし、いい仕事ができると思います。

世の中には取材を得意とする人ってあんまり多くないような気がします。みかんママの娘さんはこれまでに経験されてきたお仕事でヒアリング力が相当鍛えられていることでしょう。みかんママの娘さんにとっては普通のことでも、それは他の人にはなかなか及ばないスキルだと思うのです。

その点でもみかんママの娘さんは引け目を感じずに、もっと胸を張って今のお仕事に邁進されてもいいのではと思いました!冒頭にも言いましたが、広告の価値を何倍にも高める仕事、かっこいいですよ!がんばってくださいね。