onayami37

えりた
今回メールをくださったのはペンネームとみーさん。社会人歴8年で今の会社は2社目だそうです。
相談内容
高校卒業後、職場環境のよくない会社に5年ほど勤めた後、今の会社に転職しました。

現在の職場は自分にとって希望以上の良い会社です。
営業のサポートや役員のアシスタントなどがむしゃらにやってきました。

役員はパワハラ系で理不尽に怒られることも多かったのですが、
最近はようやく信用を得ることができ、態度も若干柔らかくなり、仕事も心も安定してきました。
しかし、違う課の課長や営業さん達から『あの役員は貴女には甘くて優しいから良いよね』と嫌味では無く(と思ってます)、飲みの席などで軽ーい感じで言われます。

私はこの3年近く数えきれないほど怒られてきました。
なのにまるでその過程が無かったことにされ心底腹が立ちます。
私のやってきたことは彼らは知らないことだから、と思うものの最近度々言われて心がささくれだってきました。

また、ミスが多い営業さんを一人サポートしていて、私はミスが起きないように丁寧にフォローし、毎月注意を促してきました。
先輩事務にその営業さんを引き継いだ際ミスが発生しました。

何とか後始末をしたあと先輩事務は部長や課長からたくさん労われて感謝されていました。
私は何度も何度も未然に防いでいたのに私の努力は誰にも分かってもらえていないと先輩事務への嫉妬にかられました。

このような感じで最近は「この3年頑張ってきたけれど、誰にも認められていないしやっても無駄なのでは?」と思ってしまう毎日です。
負の感情に押し潰されそうな自分に是非お言葉をいただけないでしょうか?
宜しくお願い致します。

(ご相談内容は編集しています)

とみーさん、こんにちは!
とみーさんは営業さんのサポートから役員のアシスタントまで、
たくさんの方々をサポートされているのですね。

会社には縁の下の力持ちと呼ばれる方が必ずいます。
とみーさんもまさに縁の下の力持ちだと思います。
そういう方たちのサポートやアシストなしでは会社は回りません。

ですが、どうしても結果が目に見える営業職や、
わかりやすい成功事例ばかりが注目されたり評価されたりするんですよね…。

ミスしたら注意されるのに、ミスを防いでも褒められない。
縁の下の力持ちの皆様のつらいところだと思います。
やさぐれてしまうのも無理ないですよ…。

負の感情に完全支配される前に、マイナスの感情をプラスに変えるためのご提案をいくつかご紹介します!

自分の成長を改めて確認する

入社1年目のとみーさんと現在のとみーさんをを比較すると、
ものすごい成長を遂げていると思いませんか?

できなかったことができていて、トラブル解決力も備わっていて、
周囲を見渡す心の余裕もできているのではないでしょうか。

それらは自然とできるようになったのではなく、とみーさんの努力があったからなのです。

まずはご自身を振り返り、できるようになったことを書き出してみて、
成長していることを実感してみてはいかがでしょうか。
決して今までの3年間が無駄ではなかったと気づくはずです。

誤解をコミュニケーション力で解いていく

仕事ができる人には必ずといっていいほど「やっかみ」を受けます。
とみーさんも飲みの席で軽く言われてるとのことですが、
それが冗談のつもりでも、嫌味でも、気分がいいものじゃないですよね。

そういうときは「いや~あの役員とここまで来るまで大変だったんですよ…!」
「私の苦労話聞いてくれます?」など、少し冗談ぽく誤解を解くことが自分のためにもいいと思います。

誤解は対話で解決できることが多いです。
言われっぱなしではなく、自分の思いをぶつけてみましょう!

周囲も褒められたいのかも…!

とみーさんが褒められたいと思っているように、周囲の方も褒められたいと思っているかもしれません。それが先輩でも営業でも役員でもです。

ですのでまずは、とみーさんから周囲の方を褒めてみてはいかがでしょうか。
人は褒められると嬉しいですし、褒められると誰かのことも褒めたくなります。
「褒め」は連鎖するのです。

そうやって社内を「褒める・褒められる」の環境に変えていくことで、
とみーさんも周囲の方もプラスな感情で仕事に取り組めるのではないでしょうか。

以前、ツイッターで「人間関係に悩んだら」という漫画も書きましたのでぜひご覧ください。
後半は「褒めること」についても書いています↓↓


最後に…とみーさんはめちゃくちゃがんばってますよ!

理不尽な仕打ちにも耐えて立派になりましたよ!

縁の下の力持ちとして会社を支えていますよ!

本当に偉いっ!!