onayami34a

えりた
今回メールをくださったのはペンネームR子さん。営業職3年目でとある業界の支援業務を行っているそうです。
相談内容
私はとある業界で支援業務を行っています。金融機関での交渉・各種手続き代行・人材確保など業務は多岐に渡ります。

悩みは「漠然な不安を抱えたまま、中途半端に、そして生活のためだけに働いていて良いのか」という事です。

さまざまな方との折衝が多く、まだまだできない事や知らないことの方が多いです。また、この仕事に就いているのは30代後半以上男性がほとんどで 20代の女性というだけで萎縮する事ばかりです。(20代男女も毎年入社しますがほとんどは入社3年以内に退職します)。

1年目の頃から数ヶ月に一度、原因不明の吐き気や体調不良に襲われ、入院する事もありました。時々体調不良を起こす自分がやるせなく、それでも退職という選択肢が持てなかったのは 自身の負けず嫌いな性格に加え入社時より少しずつ業務への関心が高まっている事、そして一番は学生時代に借りた多額の奨学金の返済の目処がつくまでは 辞められないと思っているからです。

学生時代に海外で働いた経験があり、 好きな英語を使い多国籍な環境で働きたいという思いを秘めていますが、奨学金の返済を考えると今の職場でもう少し頑張った方が良いのではと自分を騙し騙し頑張っている状況です。

価値観の合わない職場、ハードな業務で自分という人間を押し殺し 思考が停止した状態で淡々と その日やるべき業務をこなすだけで良いのでしょうか…。職場は噂好きな人が多くうかつに相談もできません。

長くなってしまい、また分かりづらい部分も多く本当に申し訳ありませんが、えりたさんのアドバイスを頂けると本当に頑張れます。

(ご相談内容は編集しています)

R子さん、こんにちは!
営業職と一言でいっても様々な業種・内容がありますが、かなり特殊なお仕事なんですね。スキル・知識・交渉力・判断力など高いレベルを求められるでしょうし、「商品・サービス」を売るというよりも「役に立つ自分」を売っていく分、個々のスキルやメンタル力を問われそうですね。

わからにこと・知らないことに対して体当たりでぶつかっていくしかない現状ですと、打たれ強い人でないと続かないでしょうし、社員の大半を占める30代後半以上の男性たちも「どうせ今年の新人もすぐ辞めるだろ…」と思って本腰入れて新人指導しなさそうですし、なんだか悪循環ですよね…。

どーせすぐ辞めるんだろうなぁ…

「今の仕事を続けるべきなのか」というお悩みをお持ちですが、選択肢としては「振り切って今の仕事をがんばる」か「振り切って転職する」かのどちらかではないでしょうか。

振り切って今の仕事をがんばる

もし今の仕事への関心が高まっているのであれば、職場環境にはあまり気にせずお客様を支援することだけに集中して頑張るのもありだと思います。

ある意味「個人商店」のような仕事なのでチーム戦ではありませんし、コンサルティングスキルも磨かれますので、将来独立することだって可能なのではと思います。

もちろんハードな仕事ですから中途半端な気持ちでは務まらない仕事だと思います。また、誰でもできる仕事でもありません。

今の職場でしか積めない経験を納得するまで積んでみるのも一つの手だと思います。

振り切って転職する

どうしても今の仕事がハードで、続けることが難しいのであれば転職も大いにありだと思います。英会話が得意とのことですから、その強みを生かせれば転職の幅も広がります。「英会話ができる」「営業経験もある」「根性がある」の3本柱があれば、正直ハイクラス層の企業も狙えるのではないでしょうか。

企業によっては海外勤務できる方を優遇していますし、海外でも活躍したいのであればマッチする企業は多々あるのではと思います。

最近は企業から直接スカウトが来る転職サイトも充実していますので、在職中に複数転職サイトへ登録しておくことで、退職→転職の期間を縮めることも可能かと思います。

いずれにしても振りきりましょう!

負けず嫌いな人にとって、中途半端な状態がいちばんつらいのではないでしょうか。
(私も負けず嫌いなのでなんとなくお気持ちわかります…)

今の仕事を続けることも転職することもどちらもロッククライミング並みの大変さがあると思いますが、気持ちをどちらかにしっかり傾けて、目標を自ら立てることで「登りきってやる!」という底力がわいてくるのではないでしょうか。

登りきってやんよ!

R子さんは優秀で努力家だと思います。R子さんが選択した道が「正解」になると思いますよ。がんばってくださいね!