IMG_0158
えりた
今回メールをくださったのはペンネームみさとさん。社会人歴4年、大手メーカーの財務・経理の仕事に転職して10ヶ月目だそうです。
相談内容
直属の上司に、
「女の人は結婚して辞めたり、休んだりするので重要な仕事は任せられない」
「重要な仕事をしているのに辞めたり、休まれたりしては困るので最初からやらせない」
と飲みの席ではっきり言われました。
女性という理由で上司から平等に扱われないのでは、やりきれません。
私は、男女の区別ではなく、人間の中身で判断されるべきだと思っています。

個人としては、環境のせいにせず、上司の周囲にアプローチするなど
個人の最善を尽くしたいと思いますが、
仕事の内容は、最終的には上司の考えに最も左右されると思います。
私は仕事が好きですし、覚悟を持って会社に入っているのに、
いわれのない理由で仕事を振られないのは憤りしかありません。

この状況を打破するためにはどうすればいいか
(今の会社の中で、または転職や別の道など)
えりたさんのお考えを伺いたいです。

以上、お忙しいとは思いますが、
お読み頂けると幸いです。
相談への回答
みさとさんこんにちは!
全国展開されているような大手企業に転職されたのですね。
心機一転がんばろうとしているというのに、
直属の上司の発言はひどいですね…
大手企業でも、化石のような考えの人ってまだまだいるんですね。
(早く化石世代がいなくなるのを私は願ってやみません…)

これまで女性部下が結婚で退社したり、
育児や介護などの関係で度々休んだのかもしれませんが、
そもそもそれは女性部下のやる気がなかったわけではなく
「男性は仕事、女性は家庭」という昔ながらの役割分担が
いまだに根強くあるからですよね。
夫婦が協力し合ったり、会社のチーム内で理解し合い協力し合えば
「女性には任せられない」という考えはまず出てこないと思うのです。

なので女性を皆いっしょくたにして「女の人はどうせすぐ辞める、休む」と決めつけ、
戦力外にするのはどうかと思います。どうかしてます。
みさとさんのおっしゃる通り、性別ではなく中身で判断すべきですよね。

今の状況を変えるためには
「チームで協力し合える体制を作っていく」ことが必要だと思います。
みさとさんの部署の男女比、年齢比はわかりませんが、
それぞれ結婚、出産、子育て、介護、病気、ケガなど
人生において「仕事を第一優先にできない時期」というものは必ずやってきます。
そのとき周囲が心に余裕を持って助け合いながら働けたら
皆さんその会社で気まずい思いをせずに、働き続けることができると思うのです。

みさとさんのお悩み内容に周囲の方の状況が
まったく書かれていないのでなんとも言えませんが、
今まで以上に周囲の方と良好な人間関係を築き、
「助け合い」の精神で仕事を分担・協力して、
「仕事」も「家庭」も大事にできるようなチーム作りを意識して動いていれば
みさとさんだけでなくチーム全体が変わってくるような気がします。
優秀な人材が辞めずに働ける環境になってくれば
化石上司の考えも少しは変わってくるのではないでしょうか。

また、みさとさんのような覚悟をもって仕事をしてる方が
化石上司を追い越して長となり、チーム全体を変えていかれることを切に願います。
えりた
イラストにも書きましたが、絶滅危惧種のような考えの上司は少なからず生息してるんですよね…。でも働いてるほとんどの方は新しい多様性のある働き方を考え求めているはず!みさとさんのような新しい世代の皆様のご活躍を心から願っております!
ご相談メールはこちらから!