IMG_0135
えりた
今回メールをくださったのはペンネームチビふくろうさん。現在24歳で、メーカー営業から保険営業へ転職。研修を経て一人立ちをして約半年だそうです。
相談内容
わたしの仕事は、お昼休みの時間に企業へお邪魔させていただき、
そこで働く皆さまにお声掛けをして保険の営業をするというものです。

私は初対面でもあまり人見知りせず、すぐ話しかけて打ち解けます。
周りからも「人見知りしない、明るい元気、悩みがない」といった印象を持たれています。
そのため会社の中の人達とはかなり仲良くやっています。
ですが、いざ営業相手であるお客様の前となると、人見知りしてしまいます。
(色々調べてみると、隠れ人見知りピエロ型というものが近いな、と自分では感じています。)
当たり障りのない会話しかできず、肝心の保険の営業はほとんど進みません。
雑談はしたいけど、こんなこと聞いていいのかな、などと考えてしまうことも多いです。
嫌われることが怖い、とは思っていません。
更に、相手に対してもっと興味を持って聞き出さなくては!ということも考えている…のですが、本当にいざお客様を前にすると、自分自身を取り繕い、作り笑いを浮かべ、他人行儀に接してしまいます。
そのため、なかなかお客様も心を開いてくれず、成績はあがりません。
売っている保険商品については悪いものではなく、良いものだと自信を持っているのですが、上述のこともあってなかなか伝わりません。
(仲良くなることで保険を買ってもらう、というのも方法の1つなのですが、仕事とプライベートはきちんと分けたいという思いもあるからこそ、ついブレーキをかけてしまっているのかな、と自分では思っています。)
長くなってしまいましたが、お客様に対してのみ起こる人見知りについて、どのように治したらいいと思いますか。
行動でも気持ちの面でも、なんでも構いませんので御助言頂けると嬉しいです。
相談への回答
チビふくろうさんこんにちは!
私が会社員だった頃、勤め先の職場にも保険営業の方が来ていたことを思い出しました。
お昼休みになると保険営業の方が2人やってきて、
お菓子を配ったり、占いをしてくれたり、世間話をしてくれました。
当時私はこう思ってました。
「この手法、結構ハードル高くない…!?」と。
少しずつ打ち解けていき、仲良くなり、契約をいただくステップを
義理(G)、人情(N)、プレゼント(P)の頭文字をとって「GNP手法」と言ったりします。
GNPで契約を取るためには、地道に通い、信頼関係を築き、
ある意味断りにくい関係を築いていくため、
チビふくろうさんのようにビジネスライクなお考えの方にとっては
少々しんどいのではないかと思うのです。
(もちろんそういう営業方法を得意とする方もいると思いますので、GNP手法を否定するわけではありません)
現在チビふくろうさんがお客様の前で当たり障りのない会話しかできないのは、
保険の営業をするよりもまずは仲良くならないと!という意識があるからではないでしょうか。
社会人1〜2年目のメーカー営業のときも人見知りがあったのかはわかりませんが、
法人営業でも個人営業でも、大切なことは「お客様のお役に立つ商品を案内すること」です。
今のお仕事に就かれて半年とのことですので、
営業トークもまさに今身につけている最中かと思います。
「仲良くなろう」とは思わずに、
「一般の人に分かりにくい保険商品を、自分の言葉で分かりやすく説明してみよう」と
心がけてみてはいかがでしょうか。

保険のことを考える時間が限られている会社員にとって
職場に来てくれる保険の営業さんはありがたい存在だと思います。
契約数が多くなれば自信も出てくるので、人見知りもなくなってくると思いますよ!
お客様のお悩みに寄り添えるようにがんばってくださいね!
えりた
新しい仕事は慣れるまでがしんどいですよね…でも、数こなすことで自分らしい営業スタイルが見えてくるはず!必ず必要とされるお仕事なのですからめげずにがんばってくださいね!