求人事業部の先輩が主任に昇格し、
えりたの教育係として本格的に指導してくれることになりました。

超スパルタ指導の主任にえりたはついていけず
日に日にげっそりしていきました。


求人事業部の先輩が主任に昇格し後輩の教育係になった

数字にこだわることの意味を教えてもらう

1日着座商談5件というノルマを課される

テレアポが苦手で苦戦するえりた

テレアポ1件GETする

6時間テレアポをして状況報告をするもさらに高い目標を課せられる

晩御飯は焼き鳥が多いえりた

主任に商談ノートをつけるようにと指示される

売上が上がらず主任から怒られる日々で心身ともにボロボロになる

実家から母が来てくれ病院に連れて行ってもらう


会社に行ってみると部長と主任が言い合いしており、主任はえりたに期待してくれていることを知る

商談ノートが20冊を越える秋ころにはすっかりテレアポが得意になっているえりた

期待されることが成長につながることを知った

主任とのエピソードはいつ思い出しても感慨深いです。
私が上司になってから「厳しく指導すること」がいかに難しいことかを知りました。

営業としての基礎を作ってくれた主任には
感謝の気持ちでいっぱいです。