営業えりたのお仕事絵日記

カテゴリ: お仕事お悩み相談室

こんにちは、えりたです。いつもブログをお読みくださりありがとうございます。今回はお詫びの記事になります。これまでブログ内で「お仕事お悩み相談室」というコーナーを設けお仕事に関するあらゆるお悩みをブログでご紹介、そして回答させていただいておりましたがしばら ...
こんにちは、えりたです。
いつもブログをお読みくださりありがとうございます。

今回はお詫びの記事になります。
これまでブログ内で「お仕事お悩み相談室
というコーナーを設け
お仕事に関するあらゆるお悩みをブログでご紹介、
そして回答させていただいておりましたが
しばらくお悩み相談の受付をお休みさせていただきます。
こちらの勝手な都合で申し訳ありません。

news190818


お休みする理由を一言で言えば「私の力量不足」です。
いただくお悩み相談の内容はみなさん深刻です。
職場の人間関係、パワハラ、妊活・育児との両立など
あらゆる年代の方が様々なお悩みをご相談くださいました。

私はなんでもない人間ではありますが
少しでも力になれるのであればと
そのお悩みに向き合い、言葉をかけてまいりました。
でもやはり自身の力不足を感じてしまい、
一人で勝手に落ち込んでいました。

悩みに対し言葉を紡いでいくことの
難しさを痛感したのです。

news190818b

7月にご相談いただいた15名の皆様には
メールで直接お悩みに対する回答を
返信させていただきましたので
ここで一旦お悩み相談の受付を
区切らせていただければと思います。

今後はお悩み相談で多かった内容を
テーマにした漫画を描いたり
別の形でお役に立てるようにしていきたいと
思っております。

ご迷惑をおかけしますが
ご容赦のほどよろしくお願い致します。


相談内容りーやんと申します。とあるサービス業で勤めて10年目になります。今の仕事が好きで、やりがいを感じています。しかし3年前から副マネージャーという役職を与えられるようになりそれがとてもストレスに感じています。最初はせっかくのチャンスだから全力で頑張ろ ...
onayami84a

相談内容
りーやんと申します。
とあるサービス業で勤めて10年目になります。
今の仕事が好きで、やりがいを感じています。

しかし3年前から副マネージャーという役職を与えられるようになり
それがとてもストレスに感じています。

最初はせっかくのチャンスだから全力で頑張ろうと思っていました。
しかし従業員を管理する立場がこんなにも大変なのかと
自分の力のなさを痛感する毎日です


特に部下を叱ることがストレスです。
部下のためを思ってのことですが、
相手にちゃんと伝わっているのか、
嫌な上司だと思われていないか不安です。

私以外にもっと適役がいるのではないかと
日々悩んでいます。

会社を辞めることも考えましたが、
もう少しこの業界で頑張りたい気持ちもあります。

不安なく自信を持って仕事に取り組むには
どうしたらいいのでしょうか。

(相談内容は編集しています)


りーやんさん、こんにちは!
管理職に就くとこれまでとはまったく違う
プレッシャーや不安を感じてしまいますよね。
部下を叱らないといけないのがストレスなのも
とてもよくわかります。

3年前ということは27歳のときに管理職に就いたのですね。
お若いのにすごいなぁと思いますし、
なかなか誰でもなれる役職ではありません。

りーやんさんならきっと任せられる」と会社が判断して
副マネージャーに任命されたのですから
そこはもっと自信を持ってくださいね!



「叱る」って本当に難しい!

「叱る」ことについては
私も幾度となく悩みました。
相手のためと思っても、ふてくされてしまうこともありますし
影で悪口を言われて傷つくこともあります。
パワハラだと思われることもありますしね…(しんどすぎる)

何より「自分は上司としてまだまだ未熟なのに偉そうに叱っていいのか
という思いがいちばんあったかもしれません。
りーやんさんと同じく、自分に自信がなかったのだと思います。

また、なかには女性管理職から叱られることで
プライドが傷ついてしまう方もいましたし、
女性部下への叱り方も最新の心配りを要しました。

感情を入れずに淡々と

社会人相手に叱ることはとてもしんどいですが、
社会人だからこそ相手の意識を変えるのは至難の技です。
優しく注意だけではなかなか改善されません。
叱ることは避けて通れない業務ですので
「叱り方」がとても大事になってくるかと思います。

叱る際は「感情を入れずに淡々と」がポイントだと思います。
例えば遅刻が多い部下に対して叱る際は、

①現状を伝える
 「Aさん、今月に入って5回遅刻しています」
②原因を探る
 「何か遅刻してしまう事情があるのですか?」
③叱る理由を説明する
 「遅刻が続くとみんなにも迷惑がかかってしまいますし、
  あなたも仕事がやりにくくなってしまいます」
④今後に向けてのアドバイス
 「今後遅刻をしないように対策を立ててみてください」

…と言った感じで主観も感情も交えずに
淡々と叱るのが良いかと思います。

決して「だらしない!」「だからあなたはダメなんだ」などと
感情的になったり相手を人格否定することは
避けるようにしたほうがいいと思います。
(りーやんさんはそういう方ではないと思いますが^^;)

叱る場所も難しい

もちろん人前で叱ることはいちばんタブーです。
大勢の前で叱ったら部下に恥をかかせてしまいますし
反抗的な気持ちになられてしまいます。

とはいえ個室に呼び出すのも相手へプレッシャーをかけてしまいます。
個室に2人で入っていくことで周囲から
「あの部下は今から怒られるんだ…」と
思われかねません。

ですので、社員に気づかれない場所を選んだほうがいいと思います。
人がいないときの控え室とか給湯室とか。
仕切りがないほうが相手も息苦しくならないかと思います。

最後は明るく締める

叱る際は感情を交えずに伝えますが、
最後は明るく会話を締めることをおすすめします。
「はいっじゃあこの話は終わり!今日もがんばろうね!」
「いろいろ言っちゃったけどあなたに期待してるんだからね!よろしく!」
などと前向きな言葉をかけて、
重苦しい雰囲気を上司のほうから解いていきましょう。

「叱る」以上に「褒める」!

上記では叱ることについてあれこれ書いてきましたが、
管理職の仕事は決して叱ることだけはありません。

部下育成においていちばん大事なのは
部下の良いところを見つけて褒めて伸ばすこと」だと思います。
普段から部下の動きをよく見て
良いところはトコトン褒める。
みんなの前で褒める。
上司から褒められることはとても嬉しいですし
モチベーションも上がります。

onayami84b

私の経験則では褒める9割・叱る1割くらいのバランスで
部下に接していました。

管理職は孤高の存在でいい

管理職は孤独です。
部下と同じ目線で仕事をしていては
全体を見渡すことができず
管理職としての役割を果たせません。

それは時にさびしく感じるかもしれません。
自信をなくすこともあるかもしれません。
でも、その立場になったからこそ見えた景色・感じたことを
仕事に生かしていくこと
が、
りーやんさんのやりがいにも繋がっていくと思うのです。

りーやんさんの職場は
「お客様に満足していただけるサービスを提供する」ことが
最も目指すことであり、喜びだと思います。
さらにそれを部下たちにも感じてもらえたら、
ますます職場は活気づきますよね。

りーやんさんの「この仕事が好き」という想いは
とても素晴らしいと思います。
部下は上司をよく見ています。
仕事にやりがいを持ち、情熱のある上司は魅力的で
ついていきたいと思うはず
ですよ!

仕事に誇りを持っているりーやんさんなら大丈夫!
自信を持ってくださいね!

読者登録ありがとうございます!励みになります!

相談内容るし子と申します。求人営業1年目です。私の悩みはお客様から私が「女」ということで、煙たがられたり怒られてしてしまっていることです。前任の先輩(男性)が異動になり、現在先輩の顧客を引き継ぎしているのですが、とある顧客から「俺、女は認めてないから」と ...
onayami83a

相談内容
るし子と申します。求人営業1年目です。
私の悩みはお客様から私が「女」ということで、
煙たがられたり怒られてしてしまっていること
です。

前任の先輩(男性)が異動になり、
現在先輩の顧客を引き継ぎしているのですが、
とある顧客から「俺、女は認めてないから」と言われてしまいました。
その場では先輩のフォローもありながら
「精一杯頑張りますのでよろしくお願いいたします」と伝えました。

ちょうど広告掲載のタイミングでもあったので
私が原稿を担当することになりました。
電話で校正のやりとりをしていると
「俺が話してる途中に何終わらそうとしてるんだ」
「やっぱりダメだな」
「なめてる」
などと叱責されてしまい、こちらは謝罪するしかありませんでした。

先輩から引き継いだ大事なお客様に不快な思いをさせてしまい
休みの日も頭の片隅にあり続け、苦しい思いをしています。

えりたさんに聞きたいことは
・女性営業についてネガティブな方にどう立ち向かうべきか
・日々のモヤモヤや不安、心配をどう解消しているか

の2点です。よろしくお願いします。

【追加メール】
現在この顧客とは取引が続いてるものの、
訪問しても軽くあしらわれる程度で罵倒はされていない。
上司には相談済みでいざとなったら担当を変えてくれるとのこと。

るし子さん、こんにちは!
とんでもない顧客を引き継ぐことになってしまいましたね。
新人営業に対して経営者が女性蔑視含む罵詈雑言とか…。

時代は令和になったというのに、
まだこんな人が生息しているとは。
そんな経営者の下で働く従業員が不憫でなりません。
(もちろん取引する業者さんも)

上司には報告済みとのことで安心しました。
この顧客以外でも、何かあれば一人で悩まず
すぐ上司に相談されてくださいね!


女性営業を嫌う顧客は少なからずいます

私が求人営業として働いていた時代にも
女性営業を極端に嫌う顧客はいました。

・女性営業は責任感がない
・すぐ結婚だなんだで辞めてしまう
・根性がない などなど…

上記は実際に面と向かって言われたセリフです(ひどいですよね)。
過去に取引した女性営業といい取引ができなかったのか、
単純に女はダメだと思ってるのかはよくわかりませんが、
いずれにしても「女」というだけでひとつのイメージに括り
レッテルを貼るのはアンポンタンだよな〜と思います。

ですので、女性だということを理由に
暴言を吐くような顧客に対して心を痛める必要はありません。
言われたことをそのまま上司に報告して、その後の対応をあおぎましょう。
きっと担当変更してくれるはずです。

毅然と仕事をすべし!

るし子さんの場合は上司に相談した上で
とりあえずはまだ営業担当としてがんばるのですね。
えらいですね…涙

女性営業にネガティブな顧客に立ち向かうには
「毅然とする」これしかないです。

まず見た目を毅然と。

客先に訪問する際は背筋を伸ばし
右手の上に左手を重ねて
キリッとした表情で
お腹から声を出してみましょう。
印象がガラリと変わります。

onayami83b

否定語に否定しない

否定的な言葉に否定しまうと顧客の心象が悪くなります。
もやっとする気持ちをぐっと堪えて
「率直なご意見ありがとうございます。」
「社に戻って上司に相談してみます。」
こんな感じで肯定も否定もせず受け止めてみましょう。
キリッとした顔で。

堂々とした立ち振る舞いや毅然とした態度は
なめられなくなるだけでなく
営業としてのプロ意識も湧いてきますよ!

日々のモヤモヤは上司・先輩・同僚に相談すべし!

冒頭のほうでも何度も言っていますが
仕事のモヤモヤや不安、心配事もすべて
周囲に相談するクセをつけましょう。

人はついつい悩み事を一人で抱えてしまう傾向があります
周囲に迷惑をかけたくないからです。
ですが、心のモヤモヤは吐き出さないと楽にはなりません
それに相談される側は頼られることが案外嬉しいものです。

相談することで気持ちを共感してもらったり、
思いがけないアイデアを享受できることもあります。
モヤモヤが解消するだけでなく、
仕事に役立つ知識を得られるなんて
メリットだらけだと思いませんか!

「相談上手は仕事上手」とも言います。
ぜひ相談上手な営業ウーマンとして、飛躍されてくださいね!

読者登録ありがとうございます!励みになります!



相談内容私はIT業界で営業をしています。新卒入社4年目です。元々長く一社に勤める気がなく色々な経験をしたいと思っています。今の会社で取り扱うサービスは多岐に渡りますのでここで営業経験を積めば他でも通用するスキルが身につくと思っています。今、転職を考えている ...
onayami81a

相談内容
私はIT業界で営業をしています。
新卒入社4年目です。
元々長く一社に勤める気がなく色々な経験をしたいと思っています。
今の会社で取り扱うサービスは多岐に渡りますので
ここで営業経験を積めば他でも通用するスキルが身につくと思っています。

今、転職を考えている理由は以下のとおりです。
・数字のノルマや長時間労働でキャリアと体の心配がある
・数字が達成していなくてもめんどくさい気持ちが勝り、仕事をサボることがある。
・なぜか評価が高く4年目で2番手ポジションに。しかしスキル不足で役割に追いついてない感じがある。

このまま流れに身を任せて今の会社でだらだら続けるのか、
他の会社で挑戦するか悩んでいます。
でも、やりたいことが特にありません。軸もブレブレです。
アドバイス頂けると嬉しいです。
(お悩み内容は編集しています)


A子さん、こんにちは!
①色々な経験をしたいと思っていて
②転職を検討する現状もあるけれど
③やりたいことが特にない…

というのがお悩みなのですね。


「色々な経験」=「転職」だけじゃない

A子さんの言う「色々な経験」というのは
どういったものをイメージされてますか?
同じIT業界のいろんな会社で働くことでしょうか?
それともまったく違う業界・まったく違う業種で働くことでしょうか?

なんとなくA子さんは「色々な経験」=「転職」と
なっているような気がしますが、
今と同じ職場でも「色々な経験」はできます。

例えば…
・2番手ポジションとしてトップの方の右腕として活躍してみる
・今以上に後輩指導に力を入れる
・社内で売り上げトップを目指してみる
目標を作り意識を変えるだけで
現在の職場でも「色々な経験」は生み出せます。

経験を積むというのはそもそも
「やってみた結果何かを得ること」
だと思います。
きっと今の会社でも挑戦し、得られることはたくさんあると思いますよ!

「やりたいことがない」から導き出せるもの

「やりたいことがない」というのがお悩みとのことですが、
逆に「やりたくないこと」はありませんか?

メールの文面から抜粋すると、

・数字や件数のノルマがある
・残業が多い
・数字を達成するのがめんどうくさい
・スキル不足が目立つ
・人手不足な職場

このあたりをネガティブに感じていて、
やりたくない部類に入りそうですがいかがでしょうか?

今後転職をする際、
これらの要素が含まれていない職場を探してみることで、
現状のやりたくないことから脱出できるかもしれません。

これまで培ったIT知識が活かせて
残業少なめで
営業職じゃなくて
割と規模の大きめな会社…のような感じで。

転職はやりたいことのためにするだけでなく
やりたくないことから抜け出すという目的でもいいかもしれません。
それは決して「逃げ」とか「楽する」という意味の転職ではなく
自分に不必要なストレスに向き合うことはないという転職なのだと思います。

軸なんてブレブレでいいんです!

おそらく世の中の人はほとんど軸がブレブレです。
一本太い軸があって、その一本道をただひたすらにまっすぐ歩む人は
稀だと思います(すごい人だなぁとは思いますが)

みんなそれぞれの人生、いろんな枝わかれがあって、
その都度悩みながら選択しながら進んでいるのだと思います。

onayami81b


大事なのは今自分はどうしたいのかということ。
周囲に惑わされず、自分が幸せになれる道に進んでいってくださいね!
どんな選択でも、考え方次第で道は開けていくと思いますよ!
応援しています!


【参考】やりたいことが多すぎるというお悩み相談。
真逆のお悩みですが、参考になる部分もあると思います…!


読者登録ありがとうございます!励みになります!

こんにちは、えりたです。いつもブログをお読みくださりありがとうございます。入社2年目、営業として働く「ももさん」からのお悩みメールをご紹介いたします。 相談内容私は卸売業界で働いています。以下のようなことで悩んでいます。①勤務時間が長い定時は朝4時〜昼12時 ...
onayami81a

こんにちは、えりたです。
いつもブログをお読みくださりありがとうございます。

入社2年目、営業として働く「ももさん」からの
お悩みメールをご紹介いたします。

相談内容
私は卸売業界で働いています。
以下のようなことで悩んでいます。

①勤務時間が長い
定時は朝4時〜昼12時までだが、残業が必ずあり
遅いと17時頃まで働いている。

②24時間365日、会社携帯に縛られている
休日も関係なしにお客様や会社から電話がかかってくる。
日曜朝4時にかかってくることも。

③商品が重く腰を痛めた
10kg〜35kgの荷物を積み込んだり配達するので
腰を痛めてしまい、コルセットを巻いている。

④休日は引きこもり状態
平日の疲れが取れずベッドから起き上がれず、
何もする気が起きない

⑤心身に影響が出ている
眠れない、出勤前に涙が出る、休日も涙が出る、
通勤中事故って死ねたらいいのにと思う、
食欲がわかない・食べたくない

このような状況に耐えられず転職を考えているものの、
2年目で転職するのは逃げなのではないか
少人数で仕事を回しているなか迷惑がかかるのではないか
などと悩んでしまっています…。

(相談内容は編集しています)

ももさん、こんにちは!
市場の営業職って本当に業務量が多く大変だと伺っています。

新規開拓、既存取引先との打ち合わせだけでなく
配送や積み込みまで行っているのですね。
もはや営業職の枠を超えてるじゃないですか…涙。

ももさんが悩んでいる状況はすべて
根性論で乗り越えられるものではないと思います。
早めに今の職場から離れるべきだと思います。


すぐに退職を考えましょう!

長時間労働や過酷な労働環境は必ず心身に支障が出てきます。
そして身体を一度壊してしまうと、
健康を取り戻すのにとても時間がかかります。
転職活動をしようと思ってもできなくなる可能性もあるのです。

涙が出る、死にたくなる、食欲がなくなる
これは通常の状態では決してありません。
メンタル不調の原因となっている事柄から
まず「離れる」ことが大切です。

転職先が決まっていなくても
まずは退職することに集中してみてはいかがでしょうか。

入社何年目でも会社に迷惑はかかります

入社1年目でも2年目でも5年目でも10年目でも
会社に迷惑は必ずかかります。
「5年経ったし、今辞めても全然大丈夫だよ〜」
なんてことはありません。

どんなタイミングでも周囲に迷惑はかかりますが、
一人辞めてもまわっていくのが会社組織というものです。
onayami81b

辞めるときは気まずいです。
引き止められることもあるでしょう。
陰口を言われるかもしれません。
それでも辞めるまでのちょっとの辛抱です。

①心身を壊す恐れのある会社で何年も我慢して働く
②退職まで1ヶ月嫌な思いをする
ももさんはどちらを選びますか?
私なら後者を選びます。

2年目だからこそチャンスなのでは!?

入社2年目で転職するなんて逃げなのかな…と思っていらっしゃいますが
「第二新卒」で転職活動する若者が多いことはご存知でしょうか?

「新卒」に近いけど、社会人経験があるという面で
企業からの需要が高いのです。
48a7e7d8.jpg

これまでの2年間で学んだことや、培ったことは
別の企業で必ず活かせるはずです。
社会人経験を経たももさんは
学生時代の就職活動のときとはひとあじ違います。

より自分の適正ややりたいことを掘り下げて
人生をより豊かにできるような転職活動をされてくださいね!
応援しております!

登録ありがとうございます!励みになります!





こんにちは、えりたです。いつもブログをお読みくださりありがとうございます。ブログ移転後初のお悩み相談記事です。(ご相談メールの返信が大変遅れてます。申し訳ありません…) 相談内容小島遊と申します。私は入社4年目で、2年前に総務部へ部署異動しました。ずっと ...
onayami80a

こんにちは、えりたです。
いつもブログをお読みくださりありがとうございます。
ブログ移転後初のお悩み相談記事です。
(ご相談メールの返信が大変遅れてます。申し訳ありません…)


相談内容
小島遊と申します。
私は入社4年目で、2年前に総務部へ部署異動しました。
ずっと指導してくれていた先輩が数ヶ月前異動してしまい、
今頼れる先輩が誰もいません。
(どうしてもわからないことは上司に聞いています)

2年目にも関わらず毎日失敗の連続で、
同期や後輩はどんどん大きな仕事をこなしていて
周囲からの視線が痛いです。

もっと先回りをしてスケジュールを組みたいのに上司から
「あの案件今どうなってるの?」と聞かれてしまいます。
私よりも他の人のアイデアが断然良かったり…。

正直仕事にやりがいを感じません。
モチベーションを上げるにはどうしたらいいのでしょうか。
(相談内容は編集しています)



小島遊さん、こんにちは!
部署異動をしてから仕事にやりがいを
感じられなくなってしまったのは
とてもしんどいですね…。

失敗が多く凹んでしまうのも
よくわかります(私もたくさん失敗した口です…^^;)

総務部は会社規模によっても役割が異なりますが
共通して「経営陣とすべての部署をつなぐ役割」があると思います。

業務は多岐に渡りますし、
社内全体を見渡すことが求められるので
少しずつ地道に仕事を覚えていく大変さがあると同時に
会社の成長に関われるやりがいも秘めていると思います。

自分のやるべき仕事を可視化してみる

周囲が大きな仕事をしたり評価されていると
自分と比べて落ち込んだり焦ってしまうかもしれませんが、
まずは自分の目の前にあるやるべき仕事に集中して、
しっかり向き合うことが大切だと思います。

そのためにも仕事の可視化と整理が大切です。

①自分のやるべき仕事をすべて書き出しリスト化
②リスト化した仕事に優先順位をつける
③具体的な作業工程の作成
onayami80b

どんな業種もそうですが、総務は特に
たくさんの業務が同時進行で進んでいきます。

仕事を整理して、優先順位をつけて
可視化することで全体像が把握できます。
そうすれば気持ちが落ち着きますし、
焦ることなく目の前の仕事に
集中できるかと思います。

仕事ひとつひとつに集中することで
仕事内容の意義や
会社へどのように貢献しているかなどが俯瞰でき、
モチベーションにつながるのではないでしょうか。

やりがいを感じないのは、やりがいを感じた経験があるからこそ

「仕事にやりがいを感じない」ことは
ネガティブなイメージかもしれませんが
これまでにやりがいのある経験があったからこそ
対比して沸き起こる感情だ
と、私は思います。

やりがいを感じた経験を思い返し
なんであの時やりがいを感じたのだろう
今と何が違うのかなと考えることで
今の仕事にも活かせることは必ずあると思います。
(なんとも抽象的な言い方で恐縮です…)

過去の成功体験は困難な壁を乗り越える時に
強い味方になってくれるはずです。

一人で悩まずに周囲の助けを借りましょう!

総務はまさに「会社の縁の下の力持ち」ですので、
サポート側に回ることが多いと思います。
ストレスが溜まることも多いことでしょう。

どうか一人で悩まず、抱えず、
同期や後輩、上司とともに支えあってくださいね。
「相談上手は仕事上手」とも言います。
どんどん周囲と相談コミュニケーションをとることを
おすすめします!
きっと心が軽くなるはずです。

チームワークで達成できた仕事はきっと
やりがいを感じるきっかけがつまっているはずです。
まだ2年目なのですから、これからですよ!

陰ながら応援しています!


読者登録ありがとうございます!励みになります!







 

こんにちは、えりたです。 いつもブログをお読みくださりありがとうございます。 働きながら妊活をする方のお悩みは これまでもたくさんいただいてきました。 今回のご相談者様も、転職すべきか否か悩んでいるそうです。 相談内容ぽむぽむと申します。社会人9年目です。 小 ...
onayami79a
こんにちは、えりたです。
いつもブログをお読みくださりありがとうございます。
働きながら妊活をする方のお悩みは
これまでもたくさんいただいてきました。
今回のご相談者様も、転職すべきか否か悩んでいるそうです。
相談内容
ぽむぽむと申します。社会人9年目です。
小さい頃から憧れていたデザイナーに新卒入社でなることができました。
この業界は激務のため転職を何度かしましたが、
現在は福利厚生のしっかりした働き方改革の進んだ会社で働いています。

また、制作業務だけではなく企画・立案・プレゼンなど幅広い業務を行っており、
仕事の幅が広がっています。

一方プライベートでは不妊治療を行っています。
そのことに関して職場の男性役職者から理解が得られず苦しい思いをしています。
女性役職者からは優しく気にかけてもらえていますが、ほとんどの役職者は男性です。

日本の男女平等レベルは世界的に見ても低い水準で、苦しい思いをしている人がたくさんいます。

今の職場でデザイナー以外のスキルも身につけた今、
女性のためになるような仕事ができないか模索していますが具体的なビジョンが見つかりません。
それに不妊治療中の身で転職するのも負担が大きいと感じています。
そもそもずっとなりたくてなった仕事を手放すことにも躊躇しています…。


ぽむぽむさん、こんにちは!
新卒の頃からデザイナー一筋で情熱を持って働いてきたのですね。
経験・スキル共に脂が乗っているぽむぽむさんは、
職場で戦力になっているかと思います。

また、福利厚生や働き方改革などにも積極的な職場で
働きやすさを感じているのはいいことですね。

だがしかしですよね…。
不妊治療について会社上層部の理解がないのは精神的につらいことだと思います。

不妊治療をしていることを会社に報告することは勇気のいることです。
ぽむぽむさんは業務に支障がきたさないようにちゃんと報告したんですよね。
えらいなぁと思います。
その勇気や、大変な思いをしていることを周囲の方はもっと汲み取ってほしいなと思います。


不妊治療はまだまだ世間の理解度が低い

私の感覚値ではありますが、不妊治療は当事者以外の方々には
まだまだ理解されていないような気がします。
不妊治療の話題がオープンになってきたのはここ数年のことですよね。
SNSの普及に伴って徐々に一般の方や芸能人の方が発信してくれるようになりました。

しかし実際にはとてもデリケートなことですし、
身近な方には言いにくいことですし、
周囲も当人もまだまだ気を遣ってしまいますよね…。

不妊治療は決して特別扱いではない

おそらく会社上層部の方は、不妊治療が「特別扱いされてる」と
思っているのではないでしょうか。
不妊治療を理由に会社を遅刻したり、
半休とったり時には休んだりすることをよく思っていないのかもしれません。

ですが、誰もがいつでもフルタイムでしっかり働けるわけではありません。
会社の上層部の方や役員の方だって、
突然病気や怪我に襲われることもあります。
家族の介護が必要になることもあります。

そんなときに「お互い様」の精神で助け合いながら働ける職場
本当の良い会社なのではと思います。
そんな会社になっていってほしいですよね。
onayami79b

不妊治療中の転職は負担が大きいと思います

ぽむぽむさんのおっしゃるとおり、
転職すると環境がガラッと変わるのでものすごい心身に負担がかかりますよね…。
それでなくても不妊治療で十分負担がかかっているのですから、
今転職するのは、ぽむぽむさんがツラくなってしまうのではと思います。

女性役職者を味方につけて心の負担を減らしてみては?

気にかけてくれている女性役職者の方に
もう少し踏み込んで現状の苦しい思いを打ち明けてみるのはどうでしょうか?

今回の悩みは今の会社で働く女性社員たちが
これからも安心して長く働き続けるためにも大事な問題だと思います。

心の負担を減らす改善策・対応策を一緒に考えてもらい、
ストレスなく不妊治療と仕事が両立できる環境になっていくことを願っています。

上層部の考えを変えることは難しくても、
会社の待遇や制度を変えることはできるはずです。
「働き方改革」の一環として、会社側に問題提起してみましょう!

一人で悩まずに、周囲の方をどんどん味方にしてくださいね!
陰ながら応援しております!

相談内容 みみと申します。社会人2年目です。 職種は企画営業で、業種は就職情報業界です。 私の仕事は学生の就活を応援する立場であり、 学生さんの相談を受けたり、 企業の新卒採用のサポートをしているのですが 企業側との相談内容について悩んでいます。 企業の方 ...
onayami78a

相談内容

みみと申します。社会人2年目です。

職種は企画営業で、業種は就職情報業界です。


私の仕事は学生の就活を応援する立場であり、

学生さんの相談を受けたり、

企業の新卒採用のサポートをしているのですが

企業側との相談内容について悩んでいます。


企業の方の悩みは大体が

「今の若い子の気持ちが分からない、若い子はすぐに辞めてしまう」

という内容です。


私もまだ社会人2年目であるため、

仕事が辛い、きつい、辞めたいと思うこともあります。


ですが仕事の場になると、すぐに辞める若い子は「悪」という

暗黙の前提があるような気がして少し苦しくなってしまいます。

板挟みのような気持ちになるのです。


もちろん仕事と私情は分けなければいけないので、

私が良くないとは分かっているのですが、

そういった相談を企業から受け、改善する策を提案することが

だんだんと難しくなってきました。

営業成績にも繋がらずモチベーションにもならず

負のループに陥っています。


もし正直な気持ちを上司に伝えたら、

私情は分けろと言われるのは分かっていますし、

こんなことで悩む私がおかしいのかと思い、

この仕事を続けていける自信がなくなってきてしまいました。


こういった気持ちになったら

どういう解決の仕方をすればいいのでしょうか?

また、すぐ辞めてしまう若い方々は悪なのでしょうか?

私は、とてもそうは思えません。


私の悩みはただの弱音なのかよく分からず、
同じような業界の
えりたさんにお悩み相談をしたいと思い、

勇気を出して相談してみました。


仕事はいつも120%の力で頑張りたいと思い、

辛くてもきつくても頑張っていますが仕事が慣れ始めてきた今、

初めて高い壁に当たっているような気持ちでいます。


みみさん、こんにちは!

学生さんの就活サポートをしたり、企業の新卒採用サポートをしたり

まさに「人と企業の架け橋」となってお仕事をされてるのですね!


私が経験した求人広告業界よりももっと

採用活動に関して踏み込んだ立場かと思いますので

その分悩みも多いかとお察しいたします。


企業の採用担当者および経営者の方は

若い子がすぐに辞めてしまうことが最大の悩みであり
解決策を教えてほしいと思ってるのですね。

みみさんもその「若い子」に括られるご年齢ですし

たしかに板ばさみ状態でしんどいですね…。


すぐ辞めるのは「若い子が悪」なのか「会社が悪」なのか

私の考えとしては

すぐに辞める若い人が悪だとは一概に思いません。

辞める原因は内的要因、外的要因どちらもありますから…。


会社が自分に合ってないと思うのなら

無理してその会社にい続ける必要はありませんし、

早めに見切りをつけることが功を奏す場合もあります。


最近は第二新卒の採用が活発化していますので

新卒入社した会社に何がなんでもしがみつく必要性がありませんからね。

とはいえ「会社が悪」の場合もあるだなんて、

企業の方にはとても言えませんよね…。


現状を知ってもらう

みみさんは昨年、独立法人・中小機構が公開したPR動画を

ご覧になったことはありますか?
YouTubeで結構話題になったのでご存知かもしれませんがリンクを貼らせていただきます。

 


この動画では上司と部下の間に大きなギャップがあることが描かれています。
単純に「世代間ギャップ」がものすごいあるんですよね、今の世の中。
それに上司や経営者は気づいていないのだと思います。

この動画ではこんなテロップが流れています。


・中小企業の73.7%が人手不足を感じている。

・人手不足を残業などの業務過多で解決する中小企業が60.7%。

・中小企業の新入社員の52.4%が3年以内に退職。

2人に1人の新人が3年以内に退職している現状を知ってもらい、
「御社だけの問題ではない、社会全体の問題だ」
伝えてみてはいかがでしょうか。


・若い子が辞めるのは御社だけではない。

・中小企業の2人に1人の新人が3年以内に退職している。

・今は完全なる売り手市場。

・どこの企業も新人の確保に奮闘している。

・なかには新卒1人採用するのに1,000万円以上コストをかけている企業もある など


上記のような現状を知ればきっと採用担当者や経営者は

「今の世の中、若手を採用するのも育てるのも難しいのだな…」と
感じてくれるのではないでしょうか。

onayami78b

その会社で頑張ろうと思える動機付けを

新人を採用するのも育成するのも大変な世の中ですが、

会社それぞれの歴史があり、思いがあり、ビジョンがあるはずです。

そういったところを深堀りして、明確にして、共感してもらえれば、

会社にマッチするような新人を採用できるのではないでしょうか。


「御社で頑張ろうと思ってもらえるような”きっかけ作り"を一緒に考えましょう」と
伝えてみてはいかがでしょうか。


働きやすさを追求する

せっかく新人を採用できても、長く働ける環境が整っていないと
すぐに辞められてしまいますよね。
なんせ売り手市場ですから、我慢してそこで働き続ける必要性がないのです。


現在の待遇や福利厚生、労働時間など現状を洗い出して、
より働きやすい環境作りを提案してみてはいかがでしょうか。


最近では特に「残業の有無、産休育休支援、育児・介護休暇、妊活支援、認可外保育園補助」など、従業員を支援する制度が注目されております。

働きやすくプライベートも大切にできる環境は長く働くためにも重要な要素です。


企業の方と"一緒に"考えましょう!

長々と書いてしまって申し訳ありません。

まとめると企業側の不平・文句は軽く共感する程度にとどめ、

「優秀な新人を採用し、育てるために何ができるのか一緒に考えましょう!」

というスタンスで向き合ってみてはいかがでしょうか。


すぐ辞める新人は悪」だなんてぼやいたところで何も生まれません。

でも「すぐ辞めないために会社としてできること」は必ずあります。

そこを若手代表として一緒に考えていけば良いと思います。

みみさんなりの視点で、企業のサポートができると思いますよ!

陰ながら応援しています!


★「お仕事お悩み相談室」新規ご相談は8月から受付開始します!

相談内容ゆずママと申します。私は22歳で学生結婚し、大学を卒業後に出産しました。その後学校の派遣職員として勤務し始め、来年の春まで契約があります。私が悩んでいるのは、自分のやりたいこと・やるべきこと・出来ることがバラバラ過ぎて、自分でもよく分からなくな ...
onayami77a

相談内容
ゆずママと申します。
私は22歳で学生結婚し、大学を卒業後に出産しました。
その後学校の派遣職員として勤務し始め、来年の春まで契約があります。

私が悩んでいるのは、自分のやりたいこと・やるべきこと・出来ることが
バラバラ過ぎて、自分でもよく分からなくなってることです。


大学生の時はフリーペーパーや求人誌を作成する活動をしていました。
その頃は自分の興味関心が明確で、
仕事もバリバリこなして(いたと自負してます…)
後輩からも頼りされ(ていたと自負してます…)
自分に揺るぎない自信がありました。

が、就活ではまさかの大失態。
受かると踏んで一つの企業しか受けておらず、結局最終面接で落ち、
バタバタ他の企業を受けるも惨敗。
恥ずかし過ぎて親や友達にも未だ言えなかったことですが、
リアルに1つも内定がもらえませんでした。

当時は複数内定とって当たり前という空気もあったので、
一つも内定が取れない私はどこからも要らないと言われているみたいでした。
そんな時、今の旦那からプロポーズを受け、
こんな自分でも必要としてくれる人がいると分かって嬉しい気持ち半分、
でもどこか逃げるような気持ち半分で結婚を決めたのが正直なところでした。

私がやりたいことは、今も昔も変わらず広告・人材派遣のお仕事です。
独学ですがイラレやフォトショも多少使えます。
来年の春には契約が切れるので、新たにお仕事を探さなければなりません。
また派遣会社を通してお仕事を探すことも可能ですが、
家庭の事情から正社員でのお仕事を探しています。

本当は フリーランスで自宅でデザインの仕事が出来れば一番理想なのですが、
私にはそのスキルや経験、人脈(旦那の地元に引っ越してきたので、知り合い0)なども乏しいです。
何より自分に自信がありません。
こんな自分を必要としてくれる企業がいるのが、そこが一番の不安です…。
(相談内容は編集しています)

ゆずママさん、こんにちは!
来年の春で現在の職場が契約満了となり、次は正社員で働きたいと思っていらっしゃるのですね。
そしてゆくゆくはフリーランスになってグラフィックデザインの仕事をやりたい…と。

整理がつかないとおっしゃってますが、めちゃくちゃ整理されてますよ!
やりたいこと、やるべきこと、出来ることも全然バラバラじゃないです。

やりたいこと→広告・人材系の会社で正社員のデザイナーとして働きたい
やるべきこと→中途採用している広告・人材会社の情報収集
出来ること→フリーペーパー制作経験あり、イラレ・フォトショ多少出来る

どうですか…!すごく一貫性があってこれからやるべきことも明確だと思いませんか?

初めは誰でも未経験!

スキルや経験に自信がないとのことですが、
デザイナーの卵の方々は皆さん同じだと思います。
ほんの少しの経験をちょっとずつ積み上げていって、
デザイナーとして成長していくのだと思います。

デザイナー歴10年の方も、20年の方も、30年の方も
最初は皆さん未経験から始まったのです。

求める経験値は会社によって様々!

中途採用のグラフィックデザイナーの場合、
求めるスキルは会社によって様々です。

求人募集要項を見てみると、
【実務経験2年以上】と記載されていることもあれば
【実務経験問いません】と記載されていることもあります。

即戦力を求めている会社もあれば、
将来を見据えて経験が少なくても若い人材を確保して育てたいという会社もあるのです。

未経験ではないけれど、少し経験があるくらいのほうが教えやすく会社にも馴染みやすいと考える会社も少なくありません。
ゆずママさんのような方を必要としてくれる会社はきっとあると思いますよ。

中途採用は時期がバラバラ。チャンスを逃さないように!

営業職などは通年募集していることが割と多いのですが、
デザイナー職の中途採用に関しては欠員補充や業務拡張など
会社の状況で突然募集をかけることが多いので
いつどのタイミングで募集が始まるかわかりません。

また、どちらかというとグラフィックデザイナーの中途採用は
アルバイト・パートで募集するケースが多く、正社員は狭き門でもあります。
(地域によっても差異はあるかと思いますが)

ですので勤務希望エリア内の求人募集はこまめにチェックしておくことをおすすめします!

求人紙やハローワークをチェックしたり、
転職サイトで希望する求人情報の通知設定をしておくなど
チャンスを逃さないようにされるといいかと思います。

onayami77b

もしアルバイト・パートでの募集しかなかったとしても、
そこで2~3年経験を積めば正社員登用のチャンスがある場合もありますし、
【実務経験】という肩書きを手に入れることで
さらなるステップアップをすることも可能かと思います。

就活の苦い経験は以前住んでた街に置いてきたと思って、
現在のゆずママさんの情熱でぜひ勝負していただけたらなと思います。
がんばってくださいね!

★「お仕事お悩み相談室」新規ご相談は8月から受付開始します!

相談内容 営業職4年目、わらびもちです。 入社1年目の頃からえりたさんのInstagramをフォローしていました。 なかなか成果が上がらないこともありましたが、えりたさんのInstagramで活動の数字に拘る、着座アポを増やすなど1つずつ行い、下から早かった私の成績が3年目で ...
onayami76a
相談内容
営業職4年目、わらびもちです。
入社1年目の頃からえりたさんのInstagramをフォローしていました。
なかなか成果が上がらないこともありましたが、えりたさんのInstagramで活動の数字に拘る、着座アポを増やすなど1つずつ行い、下から早かった私の成績が3年目でようやく平均へと這い上がりました。

しかし、4年間数字の達成率が他よりも少ないことへのストレスや上司たちのプレッシャーに耐えながら仕事をしてしまい、今年の6月に体調を崩し 【抗うつ状態】と診断され今は病欠として休職しています。

現職は正直に言うと就活が遅かったのもあり、たまたま声をかけられた会社に入社する形となったため第1志望でもありませんでした。

しかし入社してからはやりがいもありましたし、せっかくここまで頑張れたから担当先には「わらびもちロス」を残せるような成果を出してから辞めてやる!と考えてた時期もありました。

しかし、プレッシャーやストレスで会社の扉の前で足が竦んだり、通勤中に涙が出てしまう、など身体に異変が出てしまうこともありもう辞めた方がいいのか…。と考えています。
(相談内容は編集しています)

わらびもちさん、こんにちは!
現在は休職中とのことですので、ゆっくりと体を労わりながら養生されてください。

これまでたくさんのストレスやプレッシャーを抱えながら仕事を続けるのは本当に大変だったと思います。そんな状態に耐えながら、地道に営業活動を行い、じょじょに売上を上げてきたのは本当にすごいことだと思います。

4年間努力してきたことは決して無駄ではなく、これからわらびもちさんがよりよい人生を送る上でも大事な時間だったのではと思います。

営業職で得たこと

営業職の一番の魅力は「たくさんの方と出会えること」だと思います。

わらびもちさんが4年間営業活動をするなかで、たくさんの人と出会ったことと思います。なかには冷たい対応をする人もいたでしょうが、「出会えてよかった」と思える人もいたのではないでしょうか?

たくさんの人柄に触れ、生き方を知れたことは、豊かな人生を歩む上でも大きな糧になっていくはずです。

人の数だけ人生があり、働く場所がある

営業職でたくさんの方に出会ったわらびもちさんならお分かりかと思いますが、人の数だけそれぞれ人生があり、それぞれいろんな場所で働いています。当たり前のことを言ってますが、営業職であればそれがより一層肌で感じたのではないでしょうか?

世の中にはいろんな仕事があります。わらびもちさんが現在の職場に固執する必要がないほど、たくさんの求人募集広告が毎日出ています。今の会社を辞めても、不安になることはまったくありません。

身体を壊してまで続ける必要はありません

ですので、現在の職場になんとしてでも復帰する必要はありません。仕事は他にもいくらでもありますし、営業以外の職種もたくさんあります。

「営業の仕事を通していろんな出会いがあったな、でもプレッシャーの強い仕事はもういいかな…」これくらいの気持ちでいいんです。

身体を壊してまで続ける必要はまったくありません。むしろ私はわらびもちさんを追い詰めてストレスを与え続けてきた上司のやり方に疑問があり、怒りが湧いています。

今はしっかり休むことがわらびもちさんの最大のお仕事です。心と体を整えてくださいね。わらびもちさんのこれからの人生がより一層素晴らしいものになっていきますよう陰ながら見守らせてください。

onayami76b