営業えりたのお仕事絵日記

カテゴリ: 営業絵日記 > シーズン5(社会人10年目)

毎日夜中まで残業する営業たちを心配してくれる水原さん。あるとき水原さんはある行動に出ます。 水原さん、な ...
毎日夜中まで残業する営業たちを心配してくれる水原さん。
あるとき水原さんはある行動に出ます。

毎日夜中まで働くえりたを心配する水原さん

水原さんも漫画喫茶に泊まることに

えりたと水原さんは営業所近くの漫画喫茶へと向かった

水原さんはみるみるたくましくなっていた

それぞれ漫画喫茶の個室ブースへ

仕事をする上で「誰と働くか」は大事だよなぁと思うえりた

漫画喫茶に泊まった翌朝は喫茶店でモーニングをするえりたと水原さん
水原さん、なんていい子なんでしょう…!涙
一緒に漫画喫茶で寝泊まりしたことは今でもいい思い出です。
つらくても、大変なときでも、
誰と働くかで気持ちがまったく変わるものですよね。


つづきはこちら↓


お掃除が得意で事務所の冷蔵庫に飲み物を補充してくれる宮田くん、社交的で社内で誰からも好かれ、後輩想いの金森さん、少人数ながらも一人ひとりがかけがえのない存在でした ...
060c23d6.jpg


宮田くんが飲み物を調達してくれたおかげで営業所が活気づいた

金森さんは社歴が長く社交的で他営業所の方とも仲が良い

金森さんは校了日にみんなをご飯に誘ってくれたり、森田チームの頼れる兄貴でありムードメーカー的存在だった

少人数ながらも一人一人がチームをよくしようと思っているなか、追い風が吹いてきた

制作スタッフの応募が来た
お掃除が得意で事務所の冷蔵庫に飲み物を補充してくれる宮田くん、
社交的で社内で誰からも好かれ、後輩想いの金森さん、
少人数ながらも一人ひとりがかけがえのない存在でした。

そんな追い風モードのチームに、制作スタッフの応募連絡がきます。


つづきはこちら↓

ついに新しい制作スタッフの応募が!チームは新しい体制へと変化していきます。 不安そうな水原さん。一体何が ...
ついに新しい制作スタッフの応募が!
チームは新しい体制へと変化していきます。

制作希望の古川さんの面接を行った

以前の職場は上司のパワハラがひどく退職した古川さん

実技テストも問題なく、採用になった古川さん

浮かない顔の水原さん

リーダー会議終了後森田営業所に戻ったえりた

水原さんと一緒に帰宅する

お話があります…と神妙な顔の水原さん
不安そうな水原さん。
一体何があったのでしょう…。


つづきはこちら↓

同年代の女性と仲良くできるか不安な水原さん。でもこれって女性ならではのあるあるですよね。職場の同性の人と友達のように仲 ...

水原さんの元気がない理由を聞く

同じ年の古川さんと仲良くできるか不安な水原さん

水原さんに正社員登用の話を持ちかける
同年代の女性と仲良くできるか不安な水原さん。
でもこれって女性ならではのあるあるですよね。

職場の同性の人と友達のように仲良くなる必要はなく、
フラットな付き合いで全然いいと思います。
(むしろそのほうが揉め事も起きずに済みます)

相談しにくいこともちゃんと話してくれたことで
ますます水原さんとの距離が縮まった気がします。

つづきはこちら↓

ついに、新体制での森田営業所が始動となりました。5人みんなで支え合いながら頑張っていける、そんな気がしていまし ...
週明け月曜日すっかり元気になった水原さん

これまでの上司は全員朝一番に出社していたことを話すえりた

責任者は部下がいつものように出社してくるか不安なので朝一番に出社している

みんなで自己紹介をする

みんなで自己紹介をする

ついに、新体制での森田営業所が始動となりました。
5人みんなで支え合いながら頑張っていける、
そんな気がしていました。

つづきはこちら↓

森田営業所の体制が整い、スタッフのモチベーションは高まってきました。私としても最高のチームで働けることに喜びを感じていました。しかしその一方で新規開拓営業と責任者業務の両立や、直属上司のパワハラに苦しむことになるのです。 ...

森田営業所の体制が整い、
スタッフのモチベーションは高まってきました。

私としても最高のチームで働けることに喜びを感じていました。

しかしその一方で新規開拓営業と責任者業務の両立や、
直属上司のパワハラに苦しむことになるのです。

古川さんはあっという間に森田営業所になじんでくれた

責任者になって見えてくる会社の嫌な部分はえりたが飲み込んでいた

それからもいろいろあってどんどん自分を追い込むえりた

気づけば家具家電付きのアパートで一人暮らしをはじめていた

新規開拓エリアは広大で毎日300キロ近く車を走らせていた

時間もなく追い込まれるえりた

新規開拓エリアはあまり求人誌を利用しない企業が多く非常に厳しい状況だった

新創刊まで3週間きっているなかDMを毎日500通ずつ送った

私は森田営業所の責任者業務と、新規営業開拓業務の
二つの業務を任されていました。

直属の上司であるブロック長によると
「新規開拓はどこの営業所の責任者もやっていること。当然のこと。」
だそうです。

私はその言葉を鵜呑みにし、未開拓の地「海野・山野エリア」を
毎日300キロ近く車を走らせて営業しました。

※海野・山野エリアの広さは神奈川県で例えると
横浜市を除いた神奈川県全域くらいの広さでした。


つづきはこちら↓




仕事でもなんでも「人に頼る」ことはとても大切なことですよね。森田営業所のみなさんに救われた思いでしたし、1人で抱え込んではいけないと反省しました。金森さんの言葉、めちゃくちゃ沁みました…。つづきはこちら↓ ...
b9342ac5.jpg

a3c27925.jpg

6faead2b.jpg

86a39faa.jpg

578ed9d9.jpg

仕事でもなんでも「人に頼る」ことは
とても大切なことですよね。

森田営業所のみなさんに救われた思いでしたし、
1人で抱え込んではいけないと反省しました。

金森さんの言葉、めちゃくちゃ沁みました…。


つづきはこちら↓

「森田営業所なんて作っても意味がない」「なんのために森田営業所を作るんだ?」「森田で空いた穴は白木で埋めろ」「他の営業所に迷惑かけるな」「新規開拓は責任者のお前がやれ」…全部ブロック長に言われた言葉です。そしてブロック長は森田営業所開設後、一度も顔を見せ ...
86a39faa.jpg


578ed9d9.jpg


c4436bee.jpg


0e520569.jpg


1e9d5389.jpg

「森田営業所なんて作っても意味がない」
「なんのために森田営業所を作るんだ?」
「森田で空いた穴は白木で埋めろ」
「他の営業所に迷惑かけるな」
「新規開拓は責任者のお前がやれ」
…全部ブロック長に言われた言葉です。

そしてブロック長は森田営業所開設後、
一度も顔を見せることはありませんでした。

そして突然森田営業所にやってきたブロック長は、
森田営業所の電話機から社長に電話をかけます。

「まぁ新創刊にしては売上そこそこじゃないですかね」
「これからもがんばりますんで」ですって。

一体この人は、森田営業所のために何をがんばってきたのでしょうねぇ…。

怒りを通り越して、本当に情けない人だなと哀れんだ目で見てしまいました。

つづきはこちら↓

パワハラ気味なブロック長に苦しみながらも、なんとか求人折込チラシの新創刊にこぎつけることができました。森田営業所のみんなが支えてくれたおかげです。売上が軌道に乗れば人員も増やせる…そう思っていた矢先に大切な仲間に異動辞令が出てしまいます。つづきはこちら↓ ...
パワハラ気味なブロック長に苦しみながらも、
なんとか求人折込チラシの新創刊にこぎつけることができました。

森田営業所のみんなが支えてくれたおかげです。
売上が軌道に乗れば人員も増やせる…
そう思っていた矢先に大切な仲間に異動辞令が出てしまいます。

dea4ac4b.jpg


29c841a9.jpg


69fec913.jpg


0d5fd89a.jpg


3f51b531.jpg


69080532.jpg


つづきはこちら↓

金森さんは最後まで私たちの兄貴分のような存在でした。チームに迷惑かけまいと気丈に振舞ってくれて颯爽と別の営業所へ異動してくれました。私の力量が足りないばかりに引き止めることができず申し訳ない気持ちでいっぱいでした。つづきはこちら↓ ...
9a0c5cd4.jpg
736801e4.jpg
3edcb713.jpg

金森さんは最後まで私たちの兄貴分のような存在でした。

チームに迷惑かけまいと気丈に振舞ってくれて
颯爽と別の営業所へ異動してくれました。

私の力量が足りないばかりに引き止めることができず
申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

つづきはこちら↓