営業えりたのお仕事絵日記

カテゴリ: 営業絵日記

こんにちは、えりたです。いつもブログをお読みくださりありがとうございます。当ブログでは主に求人広告の営業時代のエピソードをエッセイ漫画で綴っています。(はじめての方はこちらをご覧ください→はじめに)久々に営業職ショートストーリーです。(1話完結の読切漫画 ...
こんにちは、えりたです。
いつもブログをお読みくださり
ありがとうございます。

当ブログでは主に
求人広告の営業時代のエピソードを
エッセイ漫画で綴っています。
(はじめての方はこちらをご覧ください→はじめに

久々に営業職ショートストーリーです。
(1話完結の読切漫画です)

新人営業時代、
まったく仕事ができず落ち込んでいた頃、
制作部のOさんから教えてもらった
「たった1枚の名刺」の話です。

200318_01
200318_02
200318_03
200318_04
200318_05
200318_06
200318_07
200318_08
200318_09

この時期になると
新卒や中途で営業職にこれから就く方から
いろんなメールをいただきます。
「営業職に就くのが不安だ」 
「周囲から営業は厳しいと言われた」
「私には無理かもしれない」
そんな不安でいっぱいの内容です。

私も営業になる前いろんな人から
「営業だけはやめとけ」と
散々言われたものです。
そして入社後も案の定うまくいかず
落ち込んでばかりの日々でした。

ですが制作部の先輩、Oさんの言葉に
目からウロコで。

名刺1枚で、自分の行動一つで、
結果が変わる、人生が変わる、
営業はワクワクできる。

と、教えてもらったのです。

もちろんつらいことも多いけど
ワクワクしながら仕事ができれば
きっと営業は面白いと思います。

新人時代のエピソードに寄せて
春から営業職の方に
エールを送らせていただきました^^

ちなみに、最後に登場したお客様は
別のエピソードでも登場しています。
ぜひこちらも併せてご覧ください。
顧客を増やして不況を乗り切った話

リーマンショックのときに
励ましの言葉をいただき、
長年お世話になったお客様です^^


それでは今日はこのへんで!

◆関連エピソード
人生で2回目の受注


反響なくて死ねよと言われた話


えりたのホップステップジャンプ


■営業1年目のコミックエッセイはこちら


■営業3年目〜のコミックエッセイはこちら



読者登録ありがとうございます!励みになります!







 

こんにちは、えりたです。いつもブログをお読みくださりありがとうございます。当ブログでは主に求人広告の営業時代のエピソードをエッセイ漫画で綴っています。(はじめての方はこちらをご覧ください→はじめに)1話目はこちら前回の話はこちら 今回のエピソード、いよいよ ...
こんにちは、えりたです。
いつもブログをお読みくださり
ありがとうございます。

当ブログでは主に
求人広告の営業時代のエピソードを
エッセイ漫画で綴っています。
(はじめての方はこちらをご覧ください→はじめに

1話目はこちら


前回の話はこちら


今回のエピソード、
いよいよラストです!!

200308_01
200308_02
200308_03
200308_04


商談は無事終わりほっとしたのも束の間、
高速道路の経路を書いた紙を
どこかに紛失してしまい、
高速で盛大に迷ってしまいました^^;
あのときは本気で野宿を覚悟しました笑

たまたま近くを走っている高速バスの行き先が
地元の駅だったのが本当に救いで。
必死に高速バスのあとをついていきました。

そんな無謀かつ
無茶苦茶な遠征商談でしたが、
ここのお客様とは
長い長いお取引になりました。

途中担当者様が変わったり(F田様は昇進されました)
私が転職して別の求人広告会社に行ったりと
いろいろ変化はあったものの、
10年近くなんのトラブルもなく
円滑なやりとりができました^^
(もちろんその後の商談は電車で行きました…笑)

誤解なきように補足しますと、
転職後も引き続きこれまでの求人誌はご愛用いただき、
私は別の県での採用に関わることになったのです。
決して転職先にお客様を引っ張っていったとか
そういう感じではありません(念のため)。

今回のエピソードは前回お送りした
テレアポの話に繋がっています。
10年来のお付き合いも
一本のテレアポからご縁が続いたんですよね。

つくづく営業職というのは
ゼロから信頼関係を作る仕事だと思います^^

長くなってしまいましたが
ここまでお読みくださり
ありがとうございました!

■営業1年目のコミックエッセイはこちら


■営業3年目〜のコミックエッセイはこちら



月曜〜土曜は朝7時・日曜は朝8時にLINE通知がいきます。
(読者登録後、通知のみミュートすることもできます。)

 


こんにちは、えりたです。いつもブログをお読みくださりありがとうございます。当ブログでは主に求人広告の営業時代のエピソードをエッセイ漫画で綴っています。(はじめての方はこちらをご覧ください→はじめに)1話目はこちら前回の話はこちら 人事のF田様はなんと元・同 ...
こんにちは、えりたです。
いつもブログをお読みくださり
ありがとうございます。

当ブログでは主に
求人広告の営業時代のエピソードを
エッセイ漫画で綴っています。
(はじめての方はこちらをご覧ください→はじめに

1話目はこちら


前回の話はこちら



200307_01
200307_02
200307_03

人事のF田様はなんと元・同業者でした。
最大手の求人広告会社での挫折があったからこそ、
求人広告営業へのリスペクトが熱い方で。

そんな方に熱意がある人だと思ってもらえたのは
新人営業の私にとって大変自信がつく出来事でした。
がんばって車で行った甲斐がありました…。


つづきはこちら↓
 




■営業1年目のコミックエッセイはこちら


■営業3年目〜のコミックエッセイはこちら



読者登録ありがとうございます!励みになります!


 


こんにちは、えりたです。いつもブログをお読みくださりありがとうございます。当ブログでは主に求人広告の営業時代のエピソードをエッセイ漫画で綴っています。(はじめての方はこちらをご覧ください→はじめに)1話目はこちら前回の話はこちら どうにかこうにか商談時間に ...
こんにちは、えりたです。
いつもブログをお読みくださり
ありがとうございます。

当ブログでは主に
求人広告の営業時代のエピソードを
エッセイ漫画で綴っています。
(はじめての方はこちらをご覧ください→はじめに

1話目はこちら


前回の話はこちら



200306_01
200306_02


どうにかこうにか商談時間に間に合ったのですが、
行ってみると待合室には
商談待ちであろう営業マンが
ずらりとひしめいていました。
さすが大手ですね…。

人事部のF田様はずっと年上の方かと思いきや
めちゃくちゃ同世代で
しかも姿勢がよくて
格の違いを感じました。
さすが大手ですね…。
 
つづきはこちら↓


【追伸】
ブログ記事の最後にある「拍手機能」が
表示されたりされなかったりと不安定ですみません💦
新機能なのでいろいろ調整中なのかなと思ったり…。
もし表示されていたら気まぐれに拍手していただけると
とてもモチベーション上がります!
よろしくお願いいたします^^

■営業1年目のコミックエッセイはこちら


■営業3年目〜のコミックエッセイはこちら



読者登録ありがとうございます!励みになります!


 


こんにちは、えりたです。いつもブログをお読みくださりありがとうございます。当ブログでは主に求人広告の営業時代のエピソードをエッセイ漫画で綴っています。(はじめての方はこちらをご覧ください→はじめに)1話目はこちら前回の話はこちら まだ商談にこぎつけてません ...
こんにちは、えりたです。
いつもブログをお読みくださりありがとうございます。

当ブログでは主に
求人広告の営業時代のエピソードを
エッセイ漫画で綴っています。
(はじめての方はこちらをご覧ください→はじめに

1話目はこちら


前回の話はこちら


まだ商談にこぎつけてませんが……
早くも5話目です!^^;

200305_01
200305_02
今思うとゾッとするくらい
無謀なことをしておりました。

初めて県外へ商談に行ったのですが
乗ったこともないセダンに乗り
(先端が長い車です)(説明雑か)
カーナビなしで首都高を初乗りするという…。
事故らなくて本当によかったです。

ていうか電車で行けよって感じですよね^^;
地方住みだとどうしても
車で移動する習慣があるんです。
困ったもんです。

しかしあのとき顔面蒼白で入店したにも関わらず
快くお手洗いを貸してくださった
「天丼てんや三軒茶屋店様」には
心より感謝しております。
その節は大変助かりました…!
ありがとうございました!

つづきはこちら↓


■営業1年目のコミックエッセイはこちら


■営業3年目〜のコミックエッセイはこちら



読者登録ありがとうございます!励みになります!


 


こんにちは、えりたです。いつもブログをお読みくださりありがとうございます。当ブログでは主に求人広告の営業時代のエピソードをエッセイ漫画で綴っています。(はじめての方はこちらをご覧ください→はじめに)1話目の話はこちら 2話目の話はこちら 3話目の話はこちら ...
こんにちは、えりたです。
いつもブログをお読みくださり
ありがとうございます。

当ブログでは主に
求人広告の営業時代のエピソードを
エッセイ漫画で綴っています。
(はじめての方はこちらをご覧ください→はじめに

1話目の話はこちら


2話目の話はこちら


3話目の話はこちら


200304_01
200304_02
200304_03


なんとまさかまさかの
受注を見据えた商談アポがとれたのです。

地方の中小企業だろうが
経験の浅い営業だろうが
取れるときは取れるのですね…。

ビギナーズラックだとは思いますし
低価格が決め手ではありましたが、
これこそ営業職の醍醐味だよなぁと
しみじみ思います( ´∀`)

そんなわけで次回はついに
大手自動車メーカーへ商談に行く話です。
(やっとタイトルに追いついた…^^;)

つづきはこちら↓



月曜〜土曜は朝7時・日曜は朝8時にLINE通知がいきます。
(読者登録後、通知のみミュートすることもできます。)




 
■営業1年目のコミックエッセイはこちら


■営業3年目〜のコミックエッセイはこちら



こんにちは、えりたです。いつもブログをお読みくださりありがとうございます。当ブログでは主に求人広告の営業時代のエピソードをエッセイ漫画で綴っています。(はじめての方はこちらをご覧ください→はじめに)1話目の話はこちら 2話目の話はこちら なんとまぁありがた ...
こんにちは、えりたです。
いつもブログをお読みくださりありがとうございます。

当ブログでは主に
求人広告の営業時代のエピソードを
エッセイ漫画で綴っています。
(はじめての方はこちらをご覧ください→はじめに

1話目の話はこちら


2話目の話はこちら


200301_01
200301_02
200301_03

なんとまぁありがたいことに
お客様のほうからご連絡をくださいました。
(本来ならこちらから資料が届いたかどうか
確認すべきなのですが)

製造系の求人募集が多い誌面を見て
偏っていると不安そうなお客様に
私はよくわからない例え話をしてしまいます^^;

この時期なぜかこの「コンビニ例え話」が
個人的にえらく気に入ってしまいまして。
でもいまいちお客様には伝わってませんでした。
おそらくこれを読んでくださってる
読者の方にも伝わってないと思います(苦笑)

つづきはこちら↓



月曜〜土曜は朝7時・日曜は朝8時にLINE通知がいきます。
(読者登録後、通知のみミュートすることもできます。)




 
■営業1年目のコミックエッセイはこちら


■営業3年目〜のコミックエッセイはこちら



こんにちは、えりたです。いつもブログをお読みくださりありがとうございます。当ブログでは主に求人広告の営業時代のエピソードをエッセイ漫画で綴っています。(はじめての方はこちらをご覧ください→はじめに)1話目の話はこちら  そうです、まさにぐだぐだの極み…。緊 ...
こんにちは、えりたです。
いつもブログをお読みくださりありがとうございます。

当ブログでは主に
求人広告の営業時代のエピソードを
エッセイ漫画で綴っています。
(はじめての方はこちらをご覧ください→はじめに

1話目の話はこちら



 200228_02200228_03
200228_04

そうです、まさにぐだぐだの極み…。
緊張しすぎてテレアポ台本を
早口で読み上げてしまい
途中止められました^^;

こんな調子でアプローチしたのに
人事部に繋いでくださった総合受付の方、
そして無碍な対応をせずに話を聞いてくださった
人事部のF田様には感謝ですね…。

果たして資料は読んでもらえるのか!?
つづきはこちら↓


月曜〜土曜は朝7時・日曜は朝8時にLINE通知がいきます。
(読者登録後、通知のみミュートすることもできます。)




 

こんにちは、えりたです。いつもブログをお読みくださりありがとうございます。当ブログでは主に求人広告の営業時代のエピソードをエッセイ漫画で綴っています。(はじめての方はこちらをご覧ください→はじめに)今回は私が以前刊行した単行本『地元で広告代理店の営業女子 ...
こんにちは、えりたです。
いつもブログをお読みくださりありがとうございます。

当ブログでは主に
求人広告の営業時代のエピソードを
エッセイ漫画で綴っています。
(はじめての方はこちらをご覧ください→はじめに

今回は私が以前刊行した単行本
地元で広告代理店の営業女子はじめました』の中にある
とある4コマ漫画をもとにした
とほほなエピソードです。

以前、担当編集さんがツイッターでも
投稿してくださったのですが、
 拡大します↓
Dr9L_OJU0AEYAo-
 


この4コマ漫画の背景は
実は壮大なとほほエピソードでして…^^;
改めてこのときの経験談を
振り返ってみたいと思います。

何回かに渡ってお送りしますので
ぜひお付き合いのほどお願いします!

200228_01
地元の求人誌なので
主に地元企業に営業をかける日々でしたが
あるとき大手メーカーの求人募集を見かけます。

新人営業ながら
「この募集内容はうちのほうが絶対反響ある!」
となぜか確信し、テレアポすることに。

テレアポ台本を整えて
空腹だと声に力が出ないのでおにぎりを食べ
むせないようにお茶も用意して
いざテレアポに挑戦します。

つづきはこちら↓



■営業1年目のコミックエッセイはこちら


■営業3年目〜のコミックエッセイはこちら



月曜〜土曜は朝7時・日曜は朝8時にLINE通知がいきます。
(読者登録後、通知のみミュートすることもできます。)

こんにちは、えりたです。いつもブログをお読みくださりありがとうございます。当ブログでは主に求人広告の営業時代のエピソードをエッセイ漫画で綴っています。(はじめての方はこちらをご覧ください→はじめに)今回は新卒入社してすぐの頃、同期と比べては落ち込んでいた ...
こんにちは、えりたです。
いつもブログをお読みくださりありがとうございます。

当ブログでは主に
求人広告の営業時代のエピソードを
エッセイ漫画で綴っています。
(はじめての方はこちらをご覧ください→はじめに

今回は新卒入社してすぐの頃、
同期と比べては落ち込んでいた私に
上司があることを助言してくれた話です。

200217_01
200217_01 2
200217_03
200217_04
200217_05
200217_06
同期とは部署も支店も
バラバラだったので
普段からあまり話す機会は
ありませんでした。

でも同期全員の売上が
順調に上がってるし、
私は全然上がらないしで
それはもう比べまくりの
落ち込みまくり。
(もちろん同期それぞれが苦労していたことと思います)

そんな私に上司はこう言いました
鼻は早めにへし折られたほうがいい。治りも早い。」と。

これは本当にもう
その通りでして…。
挫折したり失敗したり
うまくいかないことって
早いに越したことは
ないんですよね。

大きな失敗もせずにキャリアを積むのは
実は結構危険なこと。
いつか鼻をへし折られてしまったとき
修復が効かなくなってしまうし
乗り越えるためのふんばる力が
出なかったりするのです。

新人時代に大事なのは
周囲と比べることよりも
たくさん失敗して
自分に足らないことを知ること。

そう教えてくれた上司のおかげで
じっくり少しずつ
営業の仕事を好きになれた気がします^^
というわけで新社会人の皆様、ファイトですよ!

それでは!

◆関連エピソード
初受注したときの話


人生で2回目の受注


数字にこだわる主任の話


数字にこだわる主任の話 その2




■営業1年目のコミックエッセイはこちら


■営業3年目〜のコミックエッセイはこちら



月曜〜土曜は朝7時・日曜は朝8時にLINE通知がいきます。
(読者登録後、通知のみミュートすることもできます。)




こんにちは、えりたです。いつもブログをお読みくださりありがとうございます。当ブログでは主に求人広告の営業時代のエピソードをエッセイ漫画で綴っています。(はじめての方はこちらをご覧ください→はじめに)今回はとっても久しぶりに「営業職ショートストーリー」をお ...
こんにちは、えりたです。
いつもブログをお読みくださりありがとうございます。

当ブログでは主に
求人広告の営業時代のエピソードを
エッセイ漫画で綴っています。
(はじめての方はこちらをご覧ください→はじめに

今回はとっても久しぶりに
営業職ショートストーリー」をお送りいたします。
(インスタでは「えりたの絵日記おかわり」という名前で描いてました)

1話完結型のコミックエッセイです。
それではどうぞ!

SS_title
200121_01
200121_02
200121_03
200121_04
200121_05
200121_06
200121_07
200121_08

私は地方住まいなので
車での移動が必須の生活です。
会社で飲み会があったときは
運転代行の方を呼んで
送ってもらうことが多かったです。

今回、運転代行会社と取引して
毎週訪問をすることで
そこで働く人々がどんな方なのか
社長がどれだけ従業員を大切に想っているかを
知ることができました。

そしてそれは求人広告作りにも
良い影響を与えていきました。

やはり営業職において
訪問する、肌で現場の空気を感じるって
大事なことですよね。

いろんな職業の方と接して
自分の視野が広げられるのは
求人広告の営業ならではだなと思いました。
それでは!


◆そのほかの「営業職ショートストーリー」はこちら


◆「お客様に会いに行く」印刷営業Mさんの話はこちら