営業えりたのお仕事絵日記

カテゴリ: 営業絵日記 > シーズン1(社会人1〜2年目)

シーズン1の最後にお送りするのは、先輩から引き継いだお客様の話です。初対面の印象はお互い最悪で、仕事で大きなミスもしてしまいます。挫折と成長、気づきなどがたくさん詰まったエピソードです。 ...

シーズン1の最後にお送りするのは、
先輩から引き継いだお客様の話です。

初対面の印象はお互い最悪で、仕事で大きなミスもしてしまいます。

挫折と成長、気づきなどがたくさん詰まったエピソードです。

産休に入る先輩からの引継ぎ客のなかに大手人材派遣会社のお客様がいた
単独求人折込チラシの発注をもらうもえりたにとって初めての仕事で動揺する
会社に戻り早速上司に折込チラシ制作の流れを教わる
チラシの制作を進め、印刷、配送され、各家庭の新聞に折り込まれた
折込日当日、内容の誤植が発見され、お客様に怒られる
営業担当を変えられてしまう
主任がミスの責任の所在をしっかりお客様へ伝え、全額刷り直しをまぬがれる
トラブルで落ち込むえりたに声をかける部長
落ち込むえりたを励ます部長
広告代をもらうことに対しての意識がガラリと変わる
反響の出る求人広告ならおまかせくださいと言えるようになる
営業成績がどんどん上がるえりた。年に一人選ばれる最優秀賞を受賞する
仕事を頑張る一番の動機を話すえりた
飛び込み営業でバッタリM沢様に遭遇する
それからさらに4年後、会社にM沢様から問い合わせがくる
M沢様はえりたが営業担当になることを快諾してくれる

M沢様は以前と違い、えりたを信頼してくれるようになった
「自分が変われば、お客様も変わる」ことを学んだ

厳しい上司と同様に、厳しいお客様は貴重な存在です。

営業担当から外され、本当に悔しい思いをしましたが、
その悔しさをバネに営業をもっとがんばろうと奮起することができました。

お会いしていなかった数年間、M沢様は相当仕事で苦労されていたそうです。
お互いに別々の場所で困難を乗り越えてきたからこそ、
数年後に再会したとき通じ合うものがあったのだと思います。

「自分が変われば、お客様も変わる」
この言葉を胸にさらに営業として精進してゆくのでありました…。

社会人になってから新卒・中途問わずたくさんの後輩ができ、指導係として奮闘しました。新人時代とはまた違った苦労をしたり、後輩の成長に喜びを感じるようになりました。今回はストーリー形式ではなく8コママンガでお送りします。 初めての後輩 B君の話 ...

社会人になってから新卒・中途問わずたくさんの後輩ができ、
指導係として奮闘しました。

新人時代とはまた違った苦労をしたり、
後輩の成長に喜びを感じるようになりました。

今回はストーリー形式ではなく8コママンガでお送りします。

初めての後輩

初めての後輩
初めての後輩

B君の話

B君の話
B君の話

C子さんの話

C子さんの話
C子さんの話

D美さんの話

D美さんの話
D美さんの話

がんばったC子さんの話

がんばったC子さんの話
がんばったC子さんの話

素直な後輩、頑固な後輩、偉そうな後輩…いろんな後輩がいますね〜。

先輩としてうまく指導ができず落ち込んだ時期もありますが、
後輩と一緒に成長していければいいんだよな…と思い始めてからは
肩の荷がおりたように思います。

数年後、共に肩を並べて仕事ができる関係になれるように、
厳しくも温かい目で後輩指導ができるといいですよね。

ここで少し話は遡り大学生時代を振り返りたいと思います。早朝バイト、サークル活動、そして就職活動と慌ただしい日々を送っていました。 就職活動では面接で自分のことを最大限にアピールできるように皆「自己分析」を行います。私 ...

ここで少し話は遡り大学生時代を振り返りたいと思います。

早朝バイト、サークル活動、そして就職活動と
慌ただしい日々を送っていました。

駅前のコーヒーショップで早朝バイトをしていたえりた
大学の吹奏楽団団長をつとめ、団員100人の心を一つにすべく奮闘していた
小中高と吹奏楽に打ち込んできたえりた。そして国立大に落ち地元の私立大学に通い始める
マメ子に刺激を受け、吹奏楽団に入団することに
まめ子と過ごした大学生活
大学4年の夏に広告代理店への面接へ行った
グループ面接でうまく話せないえりた
面接で吹奏楽の話を振られイキイキと話すえりた
理不尽な社会に対して最後に勝つのは「お客様の心を動かせる人」だと上司に教えてもらう

就職活動では面接で自分のことを最大限にアピールできるように皆「自己分析」を行います。

私も自己分析を行いましたが、
「負けず嫌いで、人見知りで、極端な性格」という最悪な結果に…。
でもそんな自分でも受け入れてくれたのが
「吹奏楽」というあたたかくて素敵な場所でした。

吹奏楽でチームワークや礼儀礼節の大切さを学び、
それは社会人になっても生かすことができたのでした。

つづきはこちら↓


今回はストーリー形式ではなく4コママンガでお送りします。営業職は集金や入金確認、値引き交渉などお金にまつわるエピソードが満載です(大抵苦いエピソードが多いです…笑) 集金業務 値引き交渉 やる気スイッチ 未払いの苦悩 お金を ...

今回はストーリー形式ではなく4コママンガでお送りします。
営業職は集金や入金確認、値引き交渉など
お金にまつわるエピソードが満載です
(大抵苦いエピソードが多いです…笑)

集金業務

集金業務

値引き交渉

値引き交渉

やる気スイッチ

やる気スイッチ

未払いの苦悩

未払いの苦悩

お金をもらうという事

お金をもらうということ(1)
お金をもらうということ(2)
お金をもらうということ(3)

求人広告料金は高額なものだと一回で50万円程かかることもあります。

毎週何十万、何百万と受注していると、
お金をいただくことの重みを忘れてしまうこともあります。

広告料金をいただくだけの仕事をしたのだろうか、
お客様は費用対効果を感じてくれているのか、
常に考えないといけませんね。

人間は「お金に慣れる生き物」ですから…。

つづきはこちら↓


取引先のお客様が知り合いの経営者を紹介してくれました。何やら威圧的でズケズケとした物言いの方。さらに求人広告の依頼ではなく、イベントの手伝いをしてほしいとのこと。えりたは渋々参加することになりました…。 ...

取引先のお客様が知り合いの経営者を紹介してくれました。

何やら威圧的でズケズケとした物言いの方。
さらに求人広告の依頼ではなく、
イベントの手伝いをしてほしいとのこと。

えりたは渋々参加することになりました…。

中華居酒屋「パオパオ」の店長が知り合いの飲食店経営者を紹介してくれた
威圧感があるがスタッフを牽引するオーラに圧倒される
人の見た目は9割占めることを教わり、見た目の印象の大切さを教えてもらう
フランチャイズ展示イベントの手伝いを頼まれる
日曜日の早朝に展示イベント会場へと向かう
イベント会場に到着。えりたは目立つ服装にさせられる。
会場内の人の数に圧倒される
チラシ配りをするも誰も受け取ってもらえず
チラシ配りが下手なえりたに社長は喝を入れる
えりたは解き放たれたかのように踊りながらチラシ配りをする
人が集まりチラシを受け取ってもらえるようになる
飲食店オーナー希望者に経営理念やサポート体制を伝える社長
社長の「おまかせください」の言葉のなかにある「責任とハードル」を知るえりた。

営業の最大の魅力は「人脈が広がること」だと思います。

人脈が広がるといろんな人々の考え・想いを知ることができ、
それは自分の成長にも繋がるからです。

今回出会った社長とはこの後長いお付き合いとなり、
仕事面でもプライベート面でも大変お世話になりました。

つづきはこちら↓


求人事業部の先輩が主任に昇格し、えりたの教育係として本格的に指導してくれることになりました。超スパルタ指導の主任にえりたはついていけず日に日にげっそりしていきました。 ...

求人事業部の先輩が主任に昇格し、
えりたの教育係として本格的に指導してくれることになりました。

超スパルタ指導の主任にえりたはついていけず
日に日にげっそりしていきました。


求人事業部の先輩が主任に昇格し後輩の教育係になった

数字にこだわることの意味を教えてもらう

1日着座商談5件というノルマを課される

テレアポが苦手で苦戦するえりた

テレアポ1件GETする

6時間テレアポをして状況報告をするもさらに高い目標を課せられる

晩御飯は焼き鳥が多いえりた

主任に商談ノートをつけるようにと指示される

売上が上がらず主任から怒られる日々で心身ともにボロボロになる

実家から母が来てくれ病院に連れて行ってもらう


会社に行ってみると部長と主任が言い合いしており、主任はえりたに期待してくれていることを知る

商談ノートが20冊を越える秋ころにはすっかりテレアポが得意になっているえりた

期待されることが成長につながることを知った

主任とのエピソードはいつ思い出しても感慨深いです。
私が上司になってから「厳しく指導すること」がいかに難しいことかを知りました。

営業としての基礎を作ってくれた主任には
感謝の気持ちでいっぱいです。

つづきはこちら↓


設置店開拓が落ち着いてきたのでいよいよ本格的な営業活動が始まりました。とはいえ新人営業なので顧客はおらず、飛び込みによる体当たりの営業活動が始まったのです…。 求人 ...

設置店開拓が落ち着いてきたので
いよいよ本格的な営業活動が始まりました。

とはいえ新人営業なので顧客はおらず、
飛び込みによる体当たりの営業活動が始まったのです…。


営業活動を開始するえりた

他社の求人誌を見ながら営業をかけるえりた

飲食店は営業をかけるタイミングが難しいと痛感する

コワモテのお客様から受注でき何が起きるかわからないのが営業

お店のこともよくわからぬまま広告掲載をして反響を伺いに行きました

反響ゼロと言われフォローもできないえりたにお客様は「死ねよ」と言い放つ

信用してくれたお客様を裏切ってしまい落ち込み、どうしたらいいのか考えるえりた

上司や先輩にどうすればいいかアドバイスをもらい、もう一度求人広告を作り直した

再度連絡をくれたお客様の元へ、広告とともに急いで向かった

お客様に謝罪、新しい広告の提案をする。お客様からもう一度チャンスをもらう。

改めて1時間じっくり打ち合わせをする。情報満載の求人広告ができ再度掲載することに。その結果合計3人のスタッフ採用に成功する。

求人広告の受注をもらうも、またもや反響ゼロ。
信用してくれたお客様を裏切ってしまいました。
落ち込むとともに自分に何ができるのだろうと考え、
社内の先輩方にアドバイスをもらい、改めて求人広告を作成します。

「私はお客様の役に立つために仕事をしているんだ」
営業としてもっとも大切な考え方に気づくことができました。

成長するきっかけとなった新人時代の思い出です。

つづきはこちら↓

せっかく初受注した求人広告でしたが「反響ゼロ」という現実に落ちこむ日々。また、初めての営業会議では同期のみんなとかなり差がついていることに気づきさらに落ち込みます。 上司から直々に設置店開拓をする理由を聞かさ ...

せっかく初受注した求人広告でしたが
「反響ゼロ」という現実に落ちこむ日々。
また、初めての営業会議では同期のみんなと
かなり差がついていることに気づきさらに落ち込みます。

社内の営業マン全員が集まる営業会議に初参加した

営業会議が終了したが内容がまったく理解できず落ち込むえりた

上司が飲みに連れて行ってくれたので思い切って設置店開拓をする理由を聞いてみた

求人誌はいつでもどこでも職に困っている人のそばに寄り添わないといけないことを教えてもらう

日曜日にばったりTさんに遭遇するが、男性とデートしている様子を見てしまう

「恋人ではなくただの幼馴染」だとわかったのは半年後だった

上司から直々に設置店開拓をする理由を聞かされるえりた。

「いつでもどこでも職に困っている求職者のそばに寄り添う」という言葉は、
えりたにとって働く主軸となっていきます。
少し前向きになれました。

そして休日にTさんとバッタリ遭遇。
Tさんが男の人と歩いているのを見て勝手に
BL展開を妄想し勝手に恋に破れるのでありました…。

つづきはこちら↓

設置店開拓をしながら、求人広告の営業もするえりた。ある日行きつけの美容室で求人誌の設置とともに求人広告の受注もいただけることになりましたが…。 せっかく求人広告の受注をもらったのに、ヒアリングスキルもなく内容がすかすか。なん ...

設置店開拓をしながら、求人広告の営業もするえりた。
ある日行きつけの美容室で求人誌の設置とともに
求人広告の受注もいただけることになりましたが…。

行きつけの美容室で求人誌を置いてもらえることに

求人広告を受注し、早速原稿の打ち合わせ

求人広告ができあがり、校了日は最後まで作業することに。夜中2時半にすべての作業が終了する。

求人誌が発行され1週間反響を聞くも、美容室の反響はゼロ。

せっかく求人広告の受注をもらったのに、
ヒアリングスキルもなく内容がすかすか。
なんとか体裁を整えた求人広告ができあがりましたが、
掲載後も反響がまったくなく…。

社会の厳しさや自分のスキルのなさに落ち込む日々でした。

つづきはこちら↓


こんにちは、えりたです。地元の広告代理店に営業職として入社したところから話は始まります。インスタグラムに投稿していたマンガなので右上からコマが始まっています。とても読みずらく申し訳ありませんが、ご了承のほどお願いいたします…。 求人事業部に ...

こんにちは、えりたです。
地元の広告代理店に営業職として入社したところから話は始まります。
インスタグラムに投稿していたマンガなので右上からコマが始まっています。
とても読みずらく申し訳ありませんが、ご了承のほどお願いいたします…。



求人事業部に配属され、求人広告の存在意義に感動するえりた。

「良質な求人情報を求職者に届け、
企業と求職者の架け橋となり、
地域社会に貢献できるなんて最高じゃないか…!」
と。

しかし、新人のえりたに与えられた仕事は
フリーペーパーの求人紙をお店に置いてもらう
「設置店開拓」という地道で根気のいる交渉業務。

朝から晩まで開拓に奔走するのでありました…

つづきはこちら↓