こんにちは、えりたです。
いつもブログをお読みくださり
ありがとうございます。

当ブログでは主に
求人広告の営業時代のエピソードを
エッセイ漫画で綴っています。
(はじめての方はこちらをご覧ください→はじめに

先日ブログで「テレアポの話」をご紹介し、
1ヶ月遅れでインスタのほうでも掲載しました。


予想通り(?)いろんなご意見をいただき、
テレアポを受ける方も
電話かける方も
どちらの意見も
「わかるわかる…わかるよー!涙」と
共感しております。

そんなわけで今回はテレアポをかけた話ではなく
テレアポを受けた話です。
何話かに分けてお送りいたします。

200328_01
200328_02
田中丸男さんは仮名です。同姓同名の方いたらすみません。
200328_03

当時はテレアポをしながら
会社にかかってくる電話対応もしていました。

常に電話のコール音が鳴り響く
賑やかな職場でしたね…笑 

そんななか毎朝9時すぎにいつも
同じ営業マンから電話がきていました。
社長はかたくなに電話に出ないし、
皆言われたとおりに
「社長は出張中」と答えていました。

だんだんとその営業マンからの電話を
嘲笑するような声も聞こえてきて
毎日テレアポをしている私としては
複雑な心境で。
「私もこんな風にテレアポしてる会社の人に
嫌がられたり、笑われたりしてるのかな…」

なんともいえない気持ちになるのでした。
つづきます!

 ■営業1年目のコミックエッセイはこちら


■営業3年目〜のコミックエッセイはこちら



読者登録ありがとうございます!励みになります!