営業えりたのお仕事絵日記

えりた 今回メールをくださったのはペンネームまるにゃーさん。現在28歳で、広告代理店営業5年目。多忙な日々を送っているそうです。 相談内容 社内業務、社内営業と対顧客業務とのバランスの取り方が難しいです…。 お客さんのために仕事をしたいのに、逃れら ...
IMG_0136
えりた
今回メールをくださったのはペンネームまるにゃーさん。現在28歳で、広告代理店営業5年目。多忙な日々を送っているそうです。
相談内容
社内業務、社内営業と対顧客業務とのバランスの取り方が難しいです…。
お客さんのために仕事をしたいのに、逃れられないミーティング、会議、チーム会議、1on1…
バランスの取り方と気持ちの切り替え方が難しい!
相談への回答
まるにゃーさんこんにちは!
まるにゃーさんのお悩み、同じく広告代理店営業を経験した私にとって、
首がもげるほどうなづいてしまう内容です!
本当に時間足りないですよね…1日72時間くらいほしいですよね…
中身のない会議多すぎですし、皆さん発言しなさすぎですよね…。
お客様のために仕事をしたいのに、お客様に費やす時間が足らない。
とはいえ、仕事を円滑にするためにも社内営業や社内コミュニケーションも
大切な業務ですもんねぇ…。バランス本当に難しいですよね。

私の経験則で恐縮ですが、お客様とは訪問重視でなく
電話やメールなどでの接触を重視していました。
もちろん直接お会いする営業スタイルが理想ですが
時間がない状況ですとそうもいきませんので…
対面が少ない分、電話もメールもレスポンスを早くして、
フットワークの軽い営業として行動していました。

あと会議は終了時間が曖昧なことが多かったので
「実は2時間後にどうしても外せないアポがありまして
できれば会議は1時間くらいでまとまるとありがたいです!」
と事前に上司へ伝え、会議中の意見は前のめりで発言し、
会議が長くなりそうなときは途中離席して営業に行ってました。

それと社内業務ですが、私の場合
「社内の皆様を褒めまくる、そして頼りまくる」戦法で乗り切ってました。
何か頼みごとをするときは
「◯◯さんのお仕事は的確で頼りになります!
お客様からも好評ですよ!本当にありがとうございます!」といった感じで伝えると
相手も快く引き受けてくれてました。

上記のどの行動も
「業務を効率化させて、その分お客様のために仕事をしよう!」
という気持ちが根底にあります。
社内業務も対顧客業務も全て「お客様のため」に繋がっていれば、
気持ちの面でも楽になるのかなと思いました。
でもやっぱり1日72時間くらいほしいですよねー…(苦笑)
えりた
各方面に神経すり減らして愛想笑いして疲れちゃいますよね…「私がんばってる!ほんと偉い!」と口に出してご自分を労ってくださいね…!

えりた 今回メールをくださったのはペンネームぽんぽこさん。現在41歳で、社歴は20年。事務職をなさっているそうです。 相談内容 悩み事 昇給昇格について 今の会社で初めて産休育休を取りました 今は子供は小学生です 残業はしてません 仕事は定時で帰るとは言 ...
IMG_0134
えりた
今回メールをくださったのはペンネームぽんぽこさん。現在41歳で、社歴は20年。事務職をなさっているそうです。
相談内容
悩み事
昇給昇格について
今の会社で初めて産休育休を取りました
今は子供は小学生です
残業はしてません
仕事は定時で帰るとは言えガッツリやってます
同期はほぼ課長です
直属の課長は上に上げてもらえますが
その先にストップをかけられ
上がれない状態です
会社が古い体質で残業するやつは偉い!女は黙ってろみたいな風潮です
媚びを売るのが苦手で媚びを売れないから上がれないのは分かってます
来年以降昇格昇進をしたいのなら
媚びを売るのが一番の近道なのは分かりますが
私には出来ません
他の人は課長の手前までは年齢で上がって行きます
このパワハラから抜け出すヒントを下さい
宜しくお願いします
相談への回答
ぽんぽこさん、こんにちは!
現在の会社に長くお勤めなのですね。
産休育休を経て、現在もバリバリと働いていらっしゃり
なおかつ定時で仕事を終わらせ帰社するだなんて
とても優秀じゃないですか…皆のお手本のようじゃないですか…
それなのに、残業するやつが偉い、女は黙ってろ!な風潮なのですか…
昇級昇進のために上に媚びを売らないといけないのですか…
うむむむむぅ……昭和の悪しき香ばしさを感じずにはいられません…。
でもそういう腐った上層部がのさばっている会社って
まだまだ多いんですよねぇ…(遠い目)
今の状況から抜け出したい、媚びは売りたくないとのことですので
逆に「切り込む」手法はいかがでしょうか?
例えば現在の会社の改善点(離職率、有給取得率、残業時間…)など
ぽんぽこさんの業務範囲内でわかる社員の就業状況を可視化して
よりよい会社にするための改善点をまとめ、上層部に見てもらう、とか。
古い会社でしたら「働き方改革」についても無頓着でしょうから、
改善すべき点について着目してる方もいないのではと思います。

もちろん腐った上層部たちは反論するでしょう。
女は黙ってろと言われるかもしれません。
でも経営者はどうでしょう。
会社の経営状況を良くするための提案でしたら聞いてくれると思うのです。

上記はあくまで一例ですが、会社をよくするための意見を提出することで
腐った上層部は置いといて、経営者には「この社員はできる…!」と
一目置かれる可能性は高いと思います。

「媚びを売るのではなく、経営者を味方につける」
ハードルは高いかもしれませんが…会社を熟知しているぽんぽこさんなら
必ずや会社が発展する気づきを提示することができるはず!!
ご健闘をお祈りいたします…!!!
えりた
樹海のような上層部に期待できることは何もありません!あいつらは定年までのらりくらりと過ごすことでしょう。開拓するは山の頂上ですよー!!!!

えりた 今回メールをくださったのはペンネームチビふくろうさん。現在24歳で、メーカー営業から保険営業へ転職。研修を経て一人立ちをして約半年だそうです。 相談内容 わたしの仕事は、お昼休みの時間に企業へお邪魔させていただき、そこで働く皆さまにお声掛 ...
IMG_0135
えりた
今回メールをくださったのはペンネームチビふくろうさん。現在24歳で、メーカー営業から保険営業へ転職。研修を経て一人立ちをして約半年だそうです。
相談内容
わたしの仕事は、お昼休みの時間に企業へお邪魔させていただき、
そこで働く皆さまにお声掛けをして保険の営業をするというものです。

私は初対面でもあまり人見知りせず、すぐ話しかけて打ち解けます。
周りからも「人見知りしない、明るい元気、悩みがない」といった印象を持たれています。
そのため会社の中の人達とはかなり仲良くやっています。
ですが、いざ営業相手であるお客様の前となると、人見知りしてしまいます。
(色々調べてみると、隠れ人見知りピエロ型というものが近いな、と自分では感じています。)
当たり障りのない会話しかできず、肝心の保険の営業はほとんど進みません。
雑談はしたいけど、こんなこと聞いていいのかな、などと考えてしまうことも多いです。
嫌われることが怖い、とは思っていません。
更に、相手に対してもっと興味を持って聞き出さなくては!ということも考えている…のですが、本当にいざお客様を前にすると、自分自身を取り繕い、作り笑いを浮かべ、他人行儀に接してしまいます。
そのため、なかなかお客様も心を開いてくれず、成績はあがりません。
売っている保険商品については悪いものではなく、良いものだと自信を持っているのですが、上述のこともあってなかなか伝わりません。
(仲良くなることで保険を買ってもらう、というのも方法の1つなのですが、仕事とプライベートはきちんと分けたいという思いもあるからこそ、ついブレーキをかけてしまっているのかな、と自分では思っています。)
長くなってしまいましたが、お客様に対してのみ起こる人見知りについて、どのように治したらいいと思いますか。
行動でも気持ちの面でも、なんでも構いませんので御助言頂けると嬉しいです。
相談への回答
チビふくろうさんこんにちは!
私が会社員だった頃、勤め先の職場にも保険営業の方が来ていたことを思い出しました。
お昼休みになると保険営業の方が2人やってきて、
お菓子を配ったり、占いをしてくれたり、世間話をしてくれました。
当時私はこう思ってました。
「この手法、結構ハードル高くない…!?」と。
少しずつ打ち解けていき、仲良くなり、契約をいただくステップを
義理(G)、人情(N)、プレゼント(P)の頭文字をとって「GNP手法」と言ったりします。
GNPで契約を取るためには、地道に通い、信頼関係を築き、
ある意味断りにくい関係を築いていくため、
チビふくろうさんのようにビジネスライクなお考えの方にとっては
少々しんどいのではないかと思うのです。
(もちろんそういう営業方法を得意とする方もいると思いますので、GNP手法を否定するわけではありません)
現在チビふくろうさんがお客様の前で当たり障りのない会話しかできないのは、
保険の営業をするよりもまずは仲良くならないと!という意識があるからではないでしょうか。
社会人1〜2年目のメーカー営業のときも人見知りがあったのかはわかりませんが、
法人営業でも個人営業でも、大切なことは「お客様のお役に立つ商品を案内すること」です。
今のお仕事に就かれて半年とのことですので、
営業トークもまさに今身につけている最中かと思います。
「仲良くなろう」とは思わずに、
「一般の人に分かりにくい保険商品を、自分の言葉で分かりやすく説明してみよう」と
心がけてみてはいかがでしょうか。

保険のことを考える時間が限られている会社員にとって
職場に来てくれる保険の営業さんはありがたい存在だと思います。
契約数が多くなれば自信も出てくるので、人見知りもなくなってくると思いますよ!
お客様のお悩みに寄り添えるようにがんばってくださいね!
えりた
新しい仕事は慣れるまでがしんどいですよね…でも、数こなすことで自分らしい営業スタイルが見えてくるはず!必ず必要とされるお仕事なのですからめげずにがんばってくださいね!

えりた 今回メールをくださったのはペンネームよっちゃんさん。現在24歳で、営業事務のお仕事をしているそうです。 相談内容 今の仕事を始めて今年で4年目に入りました。 最近、仕事をしていく上で自分の中で引っかかっていることがあるんです。 それは、昔か ...
IMG_0133
えりた
今回メールをくださったのはペンネームよっちゃんさん。現在24歳で、営業事務のお仕事をしているそうです。
相談内容
今の仕事を始めて今年で4年目に入りました。
最近、仕事をしていく上で自分の中で引っかかっていることがあるんです。

それは、昔からしたかったスポーツ関係の仕事がしたいと
思うようになってきたことです。
昔からスポーツをしていることもあり、
なんらかの仕事がしたいな、と思っていました。

最近になってその仕事がすごくしたくなってきて辞めたいと思っています。
ですが、肝心の「辞めます」ということが先輩や上司になかなか言えません。

言わないと前に進めないということはわかっているんですが、口に出来ません。
早く辞めて次のこととか考えたいんですけどね、、。

どうやったら言える勇気が出ると思いますか?
こんなこと聞くな、と思われるかもしれませんが
えりたさんのご意見をお聞きしたく(;_;)
よろしくお願いします。
相談への回答
よっちゃんさんこんにちは!
スポーツ関係の仕事への転職を考えているのですね。
よっちゃんさんにとってスポーツは自分自身を作り上げてきた存在であり、
社会人生活を送るなかでより一層大切な存在になってきたのですね。
好きなことを仕事にしたいと思えるだなんてとても素敵だと思います!

4年勤めている会社に退職を告げるのは勇気がいると思います。
お世話になっているからこそ、その場から離れることはお互い悲しいですもんね。
でも、よっちゃんさんの人生です。
先輩や上司の人生ではありません。
周囲のしがらみにとらわれずに、自分の幸せになることだけを考えて、勇気を出してみてください。

もしかすると退職日までの数ヶ月間、気まずい思いをするかもしれません。
でもそれも一時のこと。
あとで振り返ったときに「あの時、勇気を出して決断してよかった」と
きっと思えるはずです。

ちなみに、辞めることを告げるロープレをやってみますと
(余計なお世話かもしれませんが…笑)

自分「(神妙な表情で)あの…部長、ちょっとお話があるのですが…今お時間よろしいでしょうか?」
部長「え、なに?」
自分「よろしければ会議室でお話できませんでしょうか…」
〜会議室〜
部長「なになに?大事な話?」
自分「実は…大変申し上げにくいことなのですが…退職を考えておりまして」
(ここでスッ…と退職願を出す)
部長「えーっそうなの?なんで?」
自分「実はどうしても挑戦してみたい業界の仕事があるんです。
これまでとはまったく別業種なのですが、
挑戦するなら年齢的にも今しかないと思いまして…。
職場の皆様にご迷惑をおかけするのは重々承知しております。
ですが一度しかない人生、自分のためにがんばってみたいのです。申し訳ありません!!!」
部長「そうかぁ…うちとしては君に期待してた分とても残念だよ。
だけど…うん、挑戦したいのなら仕方がないね。
わかった。今度の会議で上層部にも伝えておくから。」
自分「申し訳ありません、よろしくお願いいたします」
部長「おう、まぁがんばれよ!」

…こんな感じで良い流れでイメトレしてみると、一歩踏み出す勇気が出るのではないでしょうか!?
よっちゃんさんの新しい挑戦を心から応援しています!
えりた
一度きりの人生。後悔のないように決断、そして前へ進んでいってくださいね!ファイト!

えりた 今回メールをくださったのはペンネームちいちゃんさん。現在33歳で、社会人になってから看護学校に通い、看護師になって今年で3年目だそうです。 相談内容 看護師になって今年で3年目です。 一度病院をかわり、今の職場になってからは1年がたとうとして ...
IMG_0119
えりた
今回メールをくださったのはペンネームちいちゃんさん。現在33歳で、社会人になってから看護学校に通い、看護師になって今年で3年目だそうです。
相談内容
看護師になって今年で3年目です。
一度病院をかわり、今の職場になってからは1年がたとうとしています。
年齢のこともあり、妊活を始めたいのですが、まだ1年しかいないのに妊娠して産休or退職するとなると非常識なのかも…と考えてしまいます。

もちろん、スムーズに妊娠できるとも限りません。あまり時間がないのも事実です…。
相談への回答
ちいちゃんさん、こんにちは!
働く女性にとって「いつ子供を授かるか」はとても悩ましい問題ですよね。
特に昨今は女性の社会進出や晩婚化などにより、妊活をスタートする時期がどんどん遅くなってしまい、夫婦の6組に1組は不妊で悩んでいるという現状がありますからね…。
そんな私も「今妊娠して会社を退職したら迷惑かかるかも 」と長年思い続け不妊治療が遅くなってしまい、現在妊活4年生です。
もっと早くに取り組むべきだったと思っています。

おそらくですが、転職1年目であっても5年目であっても
妊娠による産休や退職は職場に多少迷惑がかかると思います。
ですが、同じような境遇の方は職場にたくさんいるでしょうし、
お互い様なところもあるでしょうから、理解してもらえると思いますよ。
育休を経て復帰する意思があるのなら、それをしっかり伝えておけば
上司の方もフォローしてくれると思います。
退職をするとしても、子育てがひと段落してからでも即戦力になれる
看護職のお仕事は引く手あまただと思います。

ですので、妊活は周囲を気にすることなく始められていいと思いますよ。また不妊治療とまでいかなくても、レディースクリニックなどで一通りの検査をして、自分の身体の状況把握をするだけでも安心できるかと思います!
ちいちゃんさんの妊活がうまくいくことを祈っております!
えりた
子供を望んでいらっしゃるのであれば早め早めの対策が絶対良いです!身体を冷やさずストレスをためず、お仕事のほうもがんばってくださいね♪

えりた 今回メールをくださったのはペンネームぽちさん。社会人歴20年で営業をアシストしながら事務職をなさっているそうです。 相談内容 問い合わせに対応してくれない営業担当に、本当に困っています。 例えば単価の相違があり、リストを渡しつつ確認を頼んで ...
IMG_0118
えりた
今回メールをくださったのはペンネームぽちさん。社会人歴20年で営業をアシストしながら事務職をなさっているそうです。
相談内容
問い合わせに対応してくれない営業担当に、本当に困っています。
例えば単価の相違があり、リストを渡しつつ確認を頼んでも1ヶ月以上放置されます。
得意先から請求書が来てから慌てて確認するので、請求書を再発行してもらうことになり、得意先から事務が怒られる始末です。
営業の上司に頼んでその人がガツンと言わないと、いつまで経っても対応してくれません。
今までこういった営業がいなかったので、もう転職を考えています。
他の人にも同じ対応なので、皆困っています。
ちなみに営業担当は38歳なので新卒ではないですし、忙しいとは思うけれどそれは皆同じなので。 どのように対応したらいいでしょうか?
えりたさんが思われたことを聞かせて下さったら幸いです。
よろしくお願い致します。
相談への回答
ぽちさんこんにちは!
困った方が職場に一人でもいると、
雰囲気も悪くなるし、みんなが迷惑するし良いこと一つもないですよね…めちゃくちゃよくわかります…。

営業って外で仕事取ってくることだけが仕事じゃなくて
社内の方と円滑にコミュニケーションをとるとか、
請求書にミスがないかしっかり確認するとか、
クライアントからの入金を確認するとか、
そういう業務にも気を配るべきなのですが、
それを怠るというのは相当内勤の方に甘えてるのでしょうね…。

ぽちさんだけでなく周囲の皆さんが困ってるという共通認識があるのなら、みんなで営業の上司に相談して、その方のフォローを一切しないなどの厳しい取り決めをするのはいかがでしょうか。
ちゃんとやってくれない人の尻拭いをすることなんてないと私は思うのです。
そこまでしないと、その営業さんは(営業の上司も含め)危機感を持たないような気がします。
なにより困った人が一人いるせいで退職するなんて、もったいないと思います。
えりた
私はその営業に言いたい…「本当に優秀な営業マンってのはなぁ、社内業務も的確でスピーディーで内勤さんを困らせない人なんだぞ!」と。
皆さんで一丸となって現状を打破できることを祈っております!

えりた 今回メールをくださったのはペンネームみきてぃさん。宝飾店の販売3年目で後輩指導や雑務なども増え多忙な日々を送っているそうです。 相談内容 私には悩みがあります。一言で言うと売上が付かない事です。1年目〜2年目に関しては本当に仕事が楽しくて、 ...
IMG_0117
えりた
今回メールをくださったのはペンネームみきてぃさん。宝飾店の販売3年目で後輩指導や雑務なども増え多忙な日々を送っているそうです。
相談内容
私には悩みがあります。一言で言うと売上が付かない事です。1年目〜2年目に関しては本当に仕事が楽しくて、やったらやった分だけ実績がついてきました。しかし3年目に入った辺りからはもうボロボロで…。
今現在は後輩たちにも抜かれています。原因はモチベーションの低下や今までのやり方ではいけないのだと思います。ですが、どうしてもお客様に押し売りだけはしたくないのです…。
一客に対して高額な商品を売るほうがいいと上司は言います。
ですが私はお客様の予算もお伺いしながら楽しく買い物をした方がいいと思います。
私の会社は売上が全てなので売上が悪かったらその分ボーナスが下がります。正直売上以外の付帯業務も多いのでどうすればいいのか…上司にも相談しましたが、反りが合わない為、何も言われなかったです。笑
いっそ会社を辞めて別の会社や業界に行くことも考えてます。
似たような質問やお忙しいとは思いますが目を通してもらえてら有り難いです!
相談への回答
みきてぃさんはじめまして!
3年目の壁ってありますよね…めちゃくちゃわかります。
私が思うに、こんな原因があると思います。

【3年目の壁にぶち当たる原因】
・仕事に慣れが入ってしまい、気持ちが入らなくなる
・周囲が見えてくることで、職場環境に不満が出てくる
・後輩のフレッシュさや純真さが眩しい、そして羨ましい
・後輩指導やら雑務やら、とにかく仕事が増えて販売に集中できない
・自分の給料のためにお客様に高額商品を売りつけてるようで罪悪感を覚える…

上記はすべて私個人の経験に基づくことですが、思い当たることもあるのではないでしょうか?
でも壁というのは、考え方や行動次第で壊すことも乗り越えることもできると思いますよ!

みきてぃさんは、お客様のご予算に合った提案をしたい、
高額な商品を押し売りしたくないとのことですが、
そのお客様ファーストな考えは本当に素晴らしいと思います!
お客様もきっと、自分の希望に合った商品を予算内で買いたい、
店員さんに押し売りされたくないと思っているはずです。

ですので、どんどんヒアリングしましょう!めちゃくちゃヒアリングしましょう!
どういう用途で使うのか、いつ使うのか、どれくらいの期間使いたいのかご職業は、ご近所なのか、同業他店も検討しているのか…などなど(みきてぃさんならもっとたくさんヒアリングされてるかと思いますが)聞き出すうちに、お客様の希望に合う最適な商品がご紹介できるでしょうし、もしかすると予算オーバーであっても、お客様に満足してもらえる商品があるかもしれません。
やみくもに高額商品を売ろうとするのではなく、
お客様に最適な商品を考えた結果、高額商品だった、の方が罪悪感なく自信を持ってご案内できるかと思います。
なによりお客様はたくさんヒアリングしてくれて最適な商品を提案してくれたみきてぃさんに信頼を寄せるでしょうし、それが今後にも繋がっていくような気がします。

ボーナスのこととか後輩のこととか、気になることは色々あるでしょうけど、まずは目の前のお客様に全力で接してみることで現状を打破できるかもしれませんよ!
やっぱり販売職や営業職って、お客様のお役に立てて感謝されるときがいちばん嬉しいですし、やりがいにもなりますもんね( ´ ▽ ` )

それとモチベーションの低下についてですが、モチベーションは行動し続けることで上がっていくそうです。
悩みを吹っ飛ばすくらいたくさん行動して、やる気アップしてみてください!
えりた
長年仕事をしているとマンネリやネガティブな気持ちが出るのは当然のこと。そんな状況から救ってくれるのがお客様からの感謝の言葉だったりするものです。一客集中でファイトですよ!

えりた 今回メールをくださったのはペンネームいちかみさん。社会人歴16年、昨年は育児休暇を取得し、今年から職場復帰されているとのことです。 相談内容 はじめまして。 インスタで漫画を楽しく読ませていただいていました。悩みを聞いてくださるとブログで拝 ...
onayami01
えりた
今回メールをくださったのはペンネームいちかみさん。社会人歴16年、昨年は育児休暇を取得し、今年から職場復帰されているとのことです。
相談内容
はじめまして。
インスタで漫画を楽しく読ませていただいていました。悩みを聞いてくださるとブログで拝見しました、くだらない悩みだとは思いますが聞いていただけると嬉しいです。
私は昨年育児休業を取得し職場復帰しました。
復帰後は産前と違う部署へ異動になってしまって、毎日あまり仕事がない状態です。
復帰直後から人手が足りてる部署とは聞いていましたので、無理に私の席を作ったのかなと感じてしまいます。
手が空いた時は上司に手伝えることがないか伺っていましたが、毎日のように聞くことになってしまってます。自分で出来ることを探したり、仕事で必要になりそうな知識を得るために調べ物をしたりして過ごしていますが毎日それでいいのか疑問です。

自己研鑽の為に働きながら資格取得(取得まで2年を要する)をするか、思い切って転職するかも視野に入れています。

長くなり申し訳ありませんが、アドバイスいただけたら幸いです。よろしくお願いします!
相談への回答
いちかみさん、こんにちは!
育休を経てお仕事復帰されたのですね、
お子様の育児もまだまだ大変ななか、お仕事と両立されるのはものすごく大変なことだと思います。
世の中の働くママさんは本当にすんごい頑張ってるんですよね…!
めちゃくちゃリスペクトです…!

会社側はおそらくですが、育児とお仕事の両立が大変なことを考慮して、あまり忙しくない部署に配属させたのかもしれませんね。
でもあまりにも仕事が少なすぎると、不安になりますよね…。

今の現状ですと、2つの捉え方があるかと思います。
1つ目は「仕事はそれなりでいいだなんてありがたい!その分、資格取得したり育児にパワーを費やそう!」という
現状を好意的に捉えるパターン。
2つ目は「戦力外みたいな扱いで悲しい。もっとやりがいのある仕事をしたい!そうだ転職だ!」という
現状を悲観的に捉えるパターン。
どちらの捉え方になるかは、いちかみさん次第だと思います。
そしてどちらの考えも正しいし、前向きだと思います。
あとはご家族やプライベートとのバランスを考えつつ、
今のいちかみさんにとって最善の道が開けるといいですね!
えりた
いちかみさんならどんな選択をしても、力強くかっこよい母ちゃんになれる気がします!陰ながら応援しています!

営業マル秘テク(gu3lin2さん・語学サービス) 飛び込み営業をする際、持っていく資料一式を まとめているクリアファイルの中の順番を工夫しています。 表は会社のサービス一覧。 これを表にすることによって わざわざ冊子の会社案内を開かなくてもサービス説明ができます ...
SW12_03


営業マル秘テク(gu3lin2さん・語学サービス)
飛び込み営業をする際、持っていく資料一式を
まとめているクリアファイルの中の順番を工夫しています。
表は会社のサービス一覧。
これを表にすることによって
わざわざ冊子の会社案内を開かなくてもサービス説明ができます。
裏は「無料」と書かれたトライアルの資料を入れます。
最後に裏返して「こんな無料トライアルもやってるので是非…」と
一言添えるようにしています。
えりた
飛び込み営業は突然の訪問になるので
9割くらいは嫌な顔をされてしまいます
(お客様も営業もお互いしんどいですね…)
ですので飛び込み営業に大切な心構えは
「数十秒でいかにサービス内容とお得なポイントを伝えられるか」
だと思います。

資料一式の見せ方を工夫することは
視覚的にもわかりやすいですし、スピーディーに伝えられるので
お客様側のストレスが軽減されますし、
お渡しした資料がわかりやすい順番でまとまっていれば
お客様が後で読み返したときに
「丁寧な営業マンだな」という印象も持つと思います。

飛び込み営業を円滑に進められる心強い工夫ですね!
gu3lin2さん、貴重な営業マル秘テクをありがとうございました!

営業マル秘テク(えりつんさん・広告) 商談はお客様が6、自分が4の割合で話すようにし、 お客様のプライベートな情報を毎回の商談でできるだけ聞き出し、 次回必ずその話をします。 (話覚えてますよアピール!) えりた 商談はどうしても「売りたい」という ...
SW12_02



営業マル秘テク(えりつんさん・広告)
商談はお客様が6、自分が4の割合で話すようにし、
お客様のプライベートな情報を毎回の商談でできるだけ聞き出し、
次回必ずその話をします。
(話覚えてますよアピール!)
えりた
商談はどうしても「売りたい」という気持ちが先走り、
営業側である自分ばかりが話してしまいがちですが、
商談のいちばんの目的は
「お客様のニーズや悩みを聞き出し、話してもらうこと」 なんですよね。

話す比率は人によって多少違いがあると思いますが
「6:4」は絶妙な割合だと感じました。
(「9:1」くらいの割合の方もいますが、
あまりにも営業側が話さないのも
お客様を不安にさせてしまうと思います。)

お客様のプライベートなこともそれとなく聞き出し、
次回の商談で覚えてますアピールするのもさすがですね〜(´∀`)
えりつんさんからはその他こんな営業テクも…!

名刺入れに香水をつけた紙をいれる
(名刺に直接だとわざとらしく感じる方もいるので)
SW0213_02

資料を送る時はどんな内容でも
絶対手書きのメッセージを添える
(印刷された文字だと捨てやすいですが、
手書きが入るだけで人の心理的に捨てにくくなるため)
SW0213_03
えりつんさん、貴重な営業マル秘テクをありがとうございました!

営業マル秘テク(リーカーさん・広告) 初商談の際に自分の写真やプロフィールを 記載したイラレで作った自己紹介カードを 必ずお渡ししています! 強面なお客様や人見知りなお客様とも 話題のきっかけになり、商談しやすくなります。 えりた どんなに経験を ...
SW12_01


営業マル秘テク(リーカーさん・広告)
初商談の際に自分の写真やプロフィールを
記載したイラレで作った自己紹介カードを
必ずお渡ししています!
強面なお客様や人見知りなお客様とも
話題のきっかけになり、商談しやすくなります。
えりた
どんなに経験を積んだ営業マンでも初商談は緊張しますよね^^;
お客様も「どんな営業マンなのか、自社に有益な情報をくれるのか」と
少し身構えていると思います。

そんなときに自己紹介カードを渡すことで
その場の雰囲気が和らぎますし、共通の話題も出てきそうです。

商談やお客様とのご縁を大切にしていることが伝わりますし、
「商談を絶対モノにしてやる!」という気概もあってとても素敵です!
リーカーさん、貴重な営業マル秘テクをありがとうございました!

営業マル秘テク(よしこさん・金融) 私は「お日柄」をとても大切にしています。 「お日柄営業」はメリットが本当に多いのです! まず、金融業界は保険や投資信託などリスクがある商品販売が多いんです。 そんな中で、大安でのご契約にお客様はとても喜んで下さいます。 ...
erita_SW11_03


営業マル秘テク(よしこさん・金融)
私は「お日柄」をとても大切にしています。
「お日柄営業」はメリットが本当に多いのです!
まず、金融業界は保険や投資信託などリスクがある商品販売が多いんです。
そんな中で、大安でのご契約にお客様はとても喜んで下さいます。
たくさんある企業から、当社を選んで下さったお客様に、
私も出来ることはすべてしたいと思い「お日柄営業」をはじめました。

また、「お日柄」は一定のペースでサイクルします。
なので「大安」を契約(ゴール)として、クロージング→提案→契約を逆算し
計画的に行動する事ができるようになります。
このサイクルがある事で、ゴールが先にきまるので安定した提案ができるようになりました。

また、ご契約の際の最後のひと押しに以外となります。
とても悩まれるお客様も「今日、大安だしな……」と言って、最後のひと押しになる
パターンが実は多かったりします。
「大安」なんて、現代人なかなか気にしないですが、
やっぱりお日柄が良いと言われて、嫌な気分になるお客様はいらっしゃないかと思います。
なので、これからもお日柄営業を極めていきたいと思っています。
ちなみに、お日柄営業のデメリットは契約が大安に重なるので、
繁忙日が生まれてしまうことです。
逆に仏滅の日は基本的に、事務作業したり営業計画を練ったり、
インドアに過ごすようにしています。
えりた
「お日柄営業」なるものを初めて知りましたが、
メリットいっぱいなんですね。
考えてみれば車、結婚式、保険、家など
数々のライフイベントでお日柄に合わせて契約をした覚えがあります。
たしかに大安の日の契約は縁起担ぎ的なものがあって
お客側としても気分がいいです。

営業マンは大安の日に契約できるよう
逆算して計画立てることができますし、
お日柄が良いことを契約の際のひと押しにできるのは心強いですね。

普段の生活で「六曜(仏滅、大安など)」を
気にしたことがありませんでしたが、
仕事にメリハリつけるためにも素晴らしい戦略だなと思います!
よしこさん、貴重な営業マル秘テクをありがとうございました!

営業マル秘テク(zzzさん) 電話、面談にかかわらず喋るトーンやスピードを相手に合わせます。 自分が喋るトーンやスピードは聞き取りやすいと思い、 早口の人には早口、 落ち着いた声で話す人には穏やかに話すようにしてます。 えりた これは購買心理学でも ...
erita_SW11_02

営業マル秘テク(zzzさん)
電話、面談にかかわらず喋るトーンやスピードを相手に合わせます。
自分が喋るトーンやスピードは聞き取りやすいと思い、
早口の人には早口、
落ち着いた声で話す人には穏やかに話すようにしてます。
えりた
これは購買心理学でも有名な「ペーシング」というスキルですね!
※「ペーシング」とはお客様の声の調子(高低、明るさ、テンポ)
などに合わせて自分の声の調子を合わせていくことです。

これはやろうと思ってもなかなか難しいんですよね、
合わせすぎても不自然さがでますし…。
ですがこれが自然にできるようになると、
お客様と円滑なコミュニケーションが取れ信頼関係も築きやすいので
営業マンとしてぜひ身に付けて損のないスキルですね。さすがです!
zzzさん、貴重な営業マル秘テクをありがとうございました!

営業マル秘テク(あゆみさん・報道) 雑談の中でオススメのお店や本などを教えてもらい、 そこに必ず行ってみたり読んでみたりすることです。 相手のことがよくわかるし、 行きましたよー、読みましたよーと報告すると、 相手もとても喜んでくれて距離が縮まります! ...
erita_SW11_01
営業マル秘テク(あゆみさん・報道)
雑談の中でオススメのお店や本などを教えてもらい、
そこに必ず行ってみたり読んでみたりすることです。
相手のことがよくわかるし、
行きましたよー、読みましたよーと報告すると、
相手もとても喜んでくれて距離が縮まります!
えりた
雑談をしっかり営業活動の糧にされてるとはさすがです!
お客様のお気に入りの店や書籍を知るだけにとどまらず、
実際にその店に行ったり、
本を読んだりして経験を共有・共感することは
お客様との距離を縮めるためにとても有効な手段ですね。
長いお取引をする際、仕事だけのやり取りで信頼関係を強固にするのは至難の業ですし、 お客様は「私のことをよく知ろうとしてくれてるんだな」と嬉しい気持ちになると思います。
損得感情を抜きにしたお客様との付き合い方、とても参考になります!
あゆみさん、貴重な営業マル秘テクをありがとうございました!